14 Issue:SUCUK UND BRATWURST(Creative studio)

NeoL

2019/7/16 17:00



年齢は単なる数字であって、オトナになるという境界線は人ぞれぞれ。定義できないからこそ、誰もが答えを探している。多感で将来のことを考え始める14歳の頃、みんなは何を考えて過ごしたのか?そんなファイルを作りたいと始まった「14歳」特集。東京、NYに続くベルリン編には、年齢やバックグラウンド、仕事の異なる個性豊かな15名をピックアップ。5本目はベルリン拠点のクリエイティヴ集団、スジュク・ウント・ブラートヴルスト。ドイツ・マインツ出身のアレッサンドロ、ディヴィッド、デニス、ルーカスは、幼稚園の頃からずっと一緒にいるそう。そんな仲良し4人組は現在ベルリンへ拠点を移し、アートディレクションや3Dデザインを展開するクリエイティヴスタジオを運営している。やりたいことを気の合う仲間とする、彼らはそんなユースの夢を実現しているロールモデル的存在なのだ。(→ in English)

ーー14歳のときはどんな子でしたか?

スジュク「僕らはみんな普通で平均的なキッズだったよ。いっぱい遊んでたし、学校でいろいろ苦労することもあった。将来いい仕事に就けるように、成績のことや”いい”生徒を演じてみんなと歩調を合わせることを考えたりね。あの頃は僕ら4人とも誰1人としてデザイナーになるとか、将来どんな職業に就くとかまったく考えてなかったよ。とにかく何も心配せずに毎日を過ごしてたんだ。ビデオゲームをしたり、スポーツをしたり、楽しい時間を過ごしてた!」

ーー14歳のときにどんな24時間を送っていたか、円グラフに書いてみてください。



ーーでは、14歳のときにどんなことを考えていましたか?



ーー当時の思い出でよく覚えていることがあれば教えてください。

スジュク「正直な話、4人とも”一番思い出に残っている”ことがないんだよね。でも多分それでいいんだと思う。そのとき心配してたことが解消されて、結局それほど悪くなかったってことだからね。僕らにとって14歳はかなりポジティヴな印象が残ってるんだ」



ーー14歳のときに抱いていた夢は何ですか?

スジュク「コンピューターを使う何かかな」

ーーまさに今の職業ですね。今の職業に就いた経緯は?

スジュク「僕らはやりたいことをやってクリエイティヴな分野を探求しただけだよ。当時はたくさんの写真やドローイング、コラージュを制作して、それをタンブラーブログにアップしてたんだ。僕らの日々や考えの記録としてね。それからしばらくしてこのブログが注目されて、パーティのフライヤーからポスターまで僕らに仕事を頼んでくるようになったんだ」

ーーそのために行った努力はありますか?

スジュク「僕らの持ってるものすべて!」

ーースジュク・ウント・ブラートヴルストを始めてよかったこと、大変なことはありますか?

スジュク「仕事の過程でたくさんの新しい友達を見つけたし、僕らが考えられるもっとも身近な環境で働く特権を手にしたよ。その一方で、仕事をしてるといつも何かしら問題はあるんだ。ストレスフルなクライアントや案件とかね。でもなんだかんだ毎日確実に価値があるよ!」



ーー4人はかれこれ20年近く一緒ですよね。幼稚園からの友達と仕事をする上で大事なことはありますか?

スジュク「完全に自分たちで一緒に制作して生計を立てること。家族のようにね」

ーー14歳のときに影響を受けた、大好きだったものはありますか?

スジュク「ビデオゲームだと『50 Cent: Bulletproof』や『ニード・フォー・スピード アンダーグラウンド2(NFS Underground 2)』、『グランド・セフト・オート・サンアンドレアス(Grand Theft Auto: San Andreas)』。あと音楽はGユニット(G-Unit)とエミネム(Eminem)」

ーーいま14歳を生きている人たちに伝えたいメッセージはありますか?

スジュク「自分が大好きなことをして、それを他人と共有することを恐れないで。正しいことも間違ってることもないから。注ぎ込んだものすべてにそれだけの価値があるよ」









photography Tereza Mundilovátext Yukiko Yamane

SUCUK UND BRATWURSTwww.sucukundbratwurst.de @sucukundbratwurst:https://www.instagram.com/sucukundbratwurst/

(This interview is available in English)


Age is just a number and there is no clear definition of being what is an adult and every person is different. We can’t define it, so everybody is looking for their own answers in life. 14 is a sensitive age. It’s when you start thinking about your own future, so we wanted to make a series of age 14. After the Tokyo and New York issue, we selected 15 people in Berlin who have very diverse background, different ages and professions for 14 Issue in Berlin.Fifth interview is with Creative studio “SUCUK UND BRATWURST”. Alessandro, David, Denis and Lukas are together since being in Kindergarten in Mainz, Germany. Recently the four boys moved to Berlin and now run a creative studio for art direction and 3D design etc... They are good role models for young people who dream about going their own way and working together with good friends.

—Could you tell us about yourself when you were 14 years old?

SUCUK: We were all kinda the average kids you would probably think of when you had to portrait a 14 year old. We hung out a lot and had trouble in school regarding grades and keeping up with being “good” students and to get a nice job later. None of us really thought of being a designer or even had any idea what to do as a profession later on. It was all just living in the day with no worries about anything. Playing video games, doing some sports and just having a good time out!

—What did you do in those days?



—What did you think about at age 14?



—Please tell us your most memorable moment at age 14?

SUCUK: To be honest we all don’t really have a “most memorable” moment from that time. But maybe that’s all fine – It means things you worried about at that time have dissolved and weren’t so bad after all. The whole timespan in general left a pretty positive impression on us.



—What did you want to do when you were 14 years old?

SUCUK: “Something with computers”

—That’s totally what you’re doing now. How did you start your carrier?

SUCUK: We just did what we wanted to and explored the creative field. We did a lot of photography, drawings and collages back then and just uploaded them to our Tumblr blog documenting our days and thoughts. After some time people took notice of the blog and asked us to do some jobs from party flyers to posters etc.

—How much effort did you put into your work?

SUCUK: All we have!

—What good and bad things have happened to you since you started SUCUK UND BRATWURST?

SUCUK: We found many new friends along the way and have the privilege to work in the most familiar environment one could think of. On the other hand there is always some sort of trouble when it comes to working. Stressful clients, stressful jobs. But all in all it is definitely worth it every day!



—You guys are together almost for 20 years. What is the important thing to work together with friends since you were in kindergarten?

SUCUK: To do stuff and earn a living together and fully on our own. It’s like family.

—What inspired you at age 14?

SUCUK: Videogames like “50 Cent: Bulletproof”, “NFS Underground 2”, “GTA San Andreas” and also music from G-Unit, Eminem etc.

—Are there any message to the people who are 14 years old?

SUCUK: Do what you love and don’t be afraid to share it with others. There is no right or wrong - everything you pour yourself into is worth it.









photography Tereza Mundilovátext Yukiko Yamane

SUCUK UND BRATWURSTwww.sucukundbratwurst.de @sucukundbratwurst:https://www.instagram.com/sucukundbratwurst/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ