千鳥・大悟に対する吉本社員の心配は… 「闇より女に気をつけろ」

しらべぇ

2019/7/16 14:00




16日、無添くら寿司「新サービス・新商品発表会」が開かれ、ゲストとしてお笑い芸人の千鳥とタレントの中村静香が登場。新商品をアピールした。

■こういう仕事は一生懸命!


イベント冒頭、水色のカットソーと黄色のスカートに身を包んだ中村が登場すると、「ガリをモチーフにした」謎の怪人が乱入。



そこに颯爽と現れる「アイアンレンジャー」…という、かなりグダグダの寸劇が始まる。



絵コンテをもらった時点では、アイアンレンジャーの衣装は映画『アイアンマン』のような格好だったそうだが、「いざ来てみたらヨーロッパ甲冑。どこでどう変わったのか…だいぶ恥ずかしかったですね」と嘆くノブ。

一方、舞台の端から端まで駆け回るほどノリノリだった大悟は「こういう仕事は一生懸命。(「志村けんイズム?」と聞かれ)当然。絶対に抜くな」とキッパリ。

あまりの張り切りぶりに、ノブは思わず「ギャラ、1億くらいもらってるの?」と呆れたように突っ込むほど。

■闇より女が心配?




「生姜」に絡めて「しょうがないな、と諦めたこと」を問われた大悟は、「もし、千鳥が不祥事起こした時は、『グッディ!』(フジテレビ系)とかにこの格好で出る。なんでか、ふざけた(格好の)ときが使われる」と苦笑い。



闇営業について聞かれると「これ(この衣装)でその件についてコメントするの、だいぶ恥ずかしい」といい、「そういった話は東国原(英夫)さんに聞いてください。私たちは楽しい話をします」と返すノブ。

ヒアリングは受けたそうだが、大悟は「僕はそっちより、女のほう気をつけなさいって」とお叱りを受けたと明かす。

■新ギャグは進化!?


2月に行なわれた「くら寿司新商品発表会」では、戦隊ヒーロー「シャリバンズ」の格好で登場した千鳥。



その際に新ギャグ「いいね!」を披露していたが、今回の発表会でも炸裂。



マイクでも聞き取れないほど小声でささやき、ノブから「ちっちゃい、雪がひとひら落ちたみたい!」と突っ込まれていた。

・合わせて読みたい→千鳥・大悟、有村藍里が抱える悩みに返した言葉は… 「かっこよすぎ!」と絶賛

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ