過酷なラストミッションにゆなたこ号泣「マジでごめん」

Entame Plex

2019/7/16 07:26



7月12日、AbemaTVで『第2次Popteenカバーガール戦争』#14が放送された。

この日の放送では、前回に引き続き、巨大“ポプ戦表紙パネル”完成を目指して、足りないパーツを探し出す、『第2次Popteenカバーガール戦争』最後のミッションに挑戦した。

“あやみん”こと福山絢水、るちゃまる”こと岩崎春果、“まりくま”こと熊谷真里、“のんち”こと小泉のんの4人は「東京都内に潜む専属モデルを探し出せ」という指令を受け、早速スタート!「女子高生に大人気のエリアにいるよ」という専属モデルからのヒントを頼りに、一同は原宿へ移動し、竹下通りで聞き込みを始めるが、目撃情報はゼロ。その後、渋谷、お台場へと場所を移し、専属モデルを探し回るが…。その頃、専属モデルは新大久保の飲食店で韓国料理を爆喰い中!

全く見つけられる気配のない4人に、専属モデルから「この前Popの誌面撮影で来たところだよー」と、追加ヒントが与えられると、あやみんは「新大久保じゃん!」と、即座にエリア特定に成功!一同は、新大久保へと移り、ヒントの動画から専属モデルがいるお店を推測しますが、なかなか当たらず。そこで、再び街行く人への聞き込みを始めると、なんと目の前のお店で専属モデルを発見!捜索開始から4時間、無事、最後のミッションを成し遂げました。

一方、“ゆなたこ”ことゆな、“れいたぴ”こと山田麗華、“いちきゃん”こと福田一華、“ゆめぽて”こと川端結愛の4人は「ボウリングで3人連続ストライクを獲れ!」という指令に挑戦。それぞれがなかなかの腕前であることが分かり、ゆなたこは「余裕でしょ」と笑顔を見せ、“今回の挑戦は楽勝?”と思えましたが、投球数が200球を超えてもストライクが出ないという事態に。

そして、240球を超えたところで、いちきゃんが見事ストライクを出し、続くゆめぽても成功!“3連続ストライク”にリーチがかかり、ようやく訪れたチャンスを逃すまいと、3投目はゆなたこが挑戦しましたが、責任とプレッシャーで調子が出ず、失敗。それまで明るく振舞っていたゆなたこはその後、絶不調に陥り、失敗の連続に「もう嫌だ…」と弱音を吐き、ついには「マジでごめん。本当にごめんね」と号泣!メンバーが「大丈夫!大丈夫!」と励ました。最後まで、過酷な試練に挑むメンバーは、果たして“3人連続ストライク”を達成できたのか!?

番組のラストには、今回の専属昇格人数が発表!脱落メンバーを含めた12人の中から、専属へ昇格できるのは“3人”に決定。そして今回の放送終了から1週間、RT数が多かった順でランキングを決定する“最後のリツイート戦争”が開始!

最終回となる次回は、これまで過酷なバトルに挑戦し、笑いあり涙ありの真剣勝負を繰り広げてきたメンバーたちが、ついに『第2次Popteenカバーガール戦争』最終局面を迎える。専属昇格モデル発表の模様は7月19日(金)夜10時から放送。ぜひ、お見逃しなく!

(C)AbemaTV

当記事はEntame Plexの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ