小泉孝太郎、駅前で演説風トーク 「進次郎ではありませんよ」

クランクイン!

2019/7/15 15:50

 俳優の小泉孝太郎が15日、都内でドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』(テレビ東京系)記者会見と防犯イベントが行われた。小泉は、集まった人々に「小泉進次郎ではありませんよ」と呼びかけ、笑いを誘った。

【写真】街頭演説みたい 小泉孝太郎ら出席の新ドラマPRイベントの模様

同作は、作家・富樫倫太郎の「生活安全課0係」シリーズをドラマ化したもの。主演の小泉が空気は読めないが事件は読めるKY刑事・小早川冬彦を演じる。イベントには小泉のほか、共演の松下由樹、安達祐実、木下隆行、戸塚純貴、岸明日香、石丸謙二郎、片岡鶴太郎が出席。小泉らキャスト陣が登場すると、街には多くの人だかりが。キャストの面々は、パレードで商店街を練り歩くと、笑顔で歓声に応えた。

小泉は「プラットフォームのみなさーん!小泉進次郎ではありませんよ。演説ではありません。彼はこんなトマト柄のシャツは着ません」と呼びかけ会場を盛り上げると、撮影現場について「雰囲気は最高です。過酷な撮影の中でも、会話が無いとかないですね。とにかく笑ってます。その雰囲気が画面の向こうに届いているのかな」とコメント。

松下は「SEASON4で、これまでと1番違うところは犯人が最強なんですね。初めて見る小泉さんの顔だったりしますので、刺激を受けています」と見どころを語った。また安達は「本当に楽しいです。事務員の役ということであまり現場に出ないので、楽しいシーンしかないですね。鶴太郎さんの下ネタが炸裂したりしまして」と吐露。木下が「カブトムシの交尾の写真を見せてくるんです」と説明すると、片岡は「下ネタのつもりはないんですけど、受け取る人によっては下ネタになるみたいですね」とおどけた。

「ライバルはいるか」という質問には戸塚が「ぼくは菅田将暉ですね。路線が一緒なんで」と答え、木下から「死んでまえ」と強烈なツッコミ。戸塚は報道陣に対して「書かないでください!まだ芸能界にいたいんで」と頼み込み、会場には笑いが巻き起こった。

ドラマ『警視庁ゼロ係~生活安全課なんでも相談室~SEASON4』はテレビ東京系で7月19日より毎週金曜20時放送。初回は2時間スペシャル。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ