佐藤健寿のエキシビション『奇界遺産2019展 WUNDER in NAMBA』が大阪で開催

SPICE

2019/7/15 12:00



2019年8月2日(金)から8月18日(日)にかけて、大阪・なんばスカイオ 7階 コンベンションホールにてフォトグラファー佐藤健寿のエキシビション『奇界遺産2019展 WUNDER in NAMBA』が開催される。

2018年、なんばパークスにて開催され好評を博したエキシビションから1年あまりたち、スケールを増した本展のテーマは「WUNDER」。ドイツ語で「驚異」を意味し、佐藤が追い求めた世界各地の驚異がなんばの地に集結する。

佐藤は世界に存在するあらゆる奇妙なものを対象に博物館歴・美学的観点から追求し、その本質に迫りつづけるフォトグラファーだ。世界中の奇妙とされるものを独特の視点で切り取ることで、単に奇妙という言葉では収まりがつかない不可思議な世界を開き、驚異や脅威、畏れなど、本質的な心の揺さぶりを観るものに与える作品でメディアなどでも話題となり多くのファンを魅了してきた。

今回は未発表作品・関西初展示作品も数多く登場予定。巨大画面に映る映像と佐藤が制作した音が充満する空間の中、好奇心と想像力をかきたてる「佐藤健寿ワールド」に期待したい。

【佐藤健寿 Kenji Sato プロフィール
佐藤健寿
佐藤健寿

武蔵野美術大学卒。フォトグラファー。世界各地の“奇妙なもの”を対象に、博物学的・美学的視点から撮影・執筆。写真集『奇界遺産』『奇界遺産2』(エクスナレッジ)は異例のベストセラーに。ほか著書に『世界不思議地図』『THE ISLAND – 軍艦島』、『SATELLITE』(朝日新聞出版)、『世界の廃墟』(飛鳥新社)、『奇界紀行』(角川)、『TRANSIT 佐藤健寿特別編集号』(講談社)、『諸星大二郎 マッドメンの世界』(河出書房新社)など。 NHKラジオ第1「ラジオアドベンチャー奇界遺産」、テレビ朝日「タモリ倶楽部」、TBS系「クレイジー ジャーニー」、NHK「ニッポンのジレンマ」ほかテレビ・ラジオ・雑誌への出演歴多数。写真展は過去東京 epsite、大阪なんばパークス、長崎グラバー園などで開催。トヨタ・エスティマの「Sense of Wonder」 キャンペーン監修など幅広く活動。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ