マツコが大感激!有名作家たちが愛した新宿ゴールデン街…現役ママが明かす“昔と今”

テレビドガッチ

2019/7/15 11:00

マツコ・デラックスも“知らない世界”を、その道を愛してやまないスペシャリストが紹介していくバラエティ『マツコの知らない世界』(TBS系、毎週火曜20:57~)。7月16日の放送では、今、若い女性客にも大人気な「新宿ゴールデン街の世界」に迫る。

新宿のゴールデン街と言えば、歌舞伎町1丁目にある、わずか50m四方の飲食店街。昭和の後期には作家の中上健次や野坂昭如、寺山修司などが集い、漫画家の滝田ゆう、そして唐十郎、松田優作らが愛した街としても知られている。

そんな「ゴールデン街の世界」を語るのは、その街で生まれ育った現役のママ・原島玲子さんと、ガイドブックやイベントを開催して街を盛り上げている大森徹哉さん。

原島さんの一家は「ゴールデン街のロイヤルファミリー」と呼ばれ、一時は10店舗も所有していたという、いわば名家でもある。18歳でおばさんの店で働き始め、6年前に母の店を引き継ぎ改装して、主婦業のかたわらで金曜日だけママとしてお店に立っている。

そんな原島さんが子供の頃に暮らしていたお店をスタジオに再現。『デビルマン』『マジンガーZ』の永井豪や『聖闘士星矢』の車田正美などの漫画家を一流に変えた“出世のイス”や、店と共有していた隠しドア付きのトイレなど、狭いスペースを有効利用していた当時の暮らしぶりを、原島さんが振り返る。

そしてお酒の街だけでなく、今やグルメの街としてもアツイと言われるゴールデン街のオススメ絶品を選りすぐって紹介しながら、カレー、メンチカツなど、大人気の味をマツコが食べ尽くす。

また、マツコにもぜひ覗いて欲しいという新感覚のお店や、名物美人ママたちの働きぶりも特集。さらに、ゴールデン街の生き字引といわれる組合長が明かす、街を襲った様々な危機の話も紹介する。学歴、会社、年齢、性別など全く関係無しで、あらゆるジャンルの人々を包み込む新宿ゴールデン街の魅力に注目だ。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ