勝又健志、準決勝へトップ通過「ラスを引く確率を下げられるだけ下げた」/麻雀・RTDトーナメント2019 準々決勝A

AbemaTIMES

2019/7/14 23:45



 「RTDトーナメント2019」クオーターファイナルA(準々決勝) 1・2回戦(全2回戦)が7月14日に放送され、勝又健志(連盟)は全2戦を1回戦トップ、2回戦3着でまとめ、トータル1位でセミファイナル(準決勝)進出を決めた。

初戦トップでポイントを築いていた勝又は、2戦目を戦う前に独自のシミュレーションを行っていた。「1回戦と逆の並びになったとして、自分が4着、瀬戸熊さん1着、藤崎さん2着、猿川さん3着という展開の時に、猿川さんを押さえ込んでおけば、敗退が無くなる」と想定。仮に猿川を抑え込めなかった場合は「今度は藤崎さんを押さえ込んで、ダメだったら瀬戸熊さんをというように、何個も防波堤を築くイメージでやっていました」と2回戦では猿川を最も警戒し、敗退のリスクを最小限に食い止めた。

「トップを取ったら楽にはなるんですけど、それよりもラスを引く確率を下げられるだけ下げよう」と全2戦を通して、振り込みゼロ。攻めてよし、守ってよしと寸分の隙も見せなかった。

2年連続準決勝で敗退していた勝又は、準決勝進出を最低限の目標としていた。「今回こそは決勝に進めるように自分らしく精一杯頑張っていきたい」と結んだ。【福山純生(雀聖アワー)】

【クオーターファイナルA 2回戦の成績】

1位 藤崎智(連盟) 3万6200点 +56.2
2位 猿川真寿(連盟)2万6400点 +6.4
3位 勝又健志(連盟)2万4200点 ▲15.8
4位 瀬戸熊直樹(連盟) 1万3200点 ▲46.8

【クオーターファイナルA 最終トータルポイント】

1位 勝又健志(連盟) +40.8 (2/2)
2位 藤崎智(連盟) +38.5 (2/2)
3位 猿川真寿(連盟) +13.1 (2/2)
4位 瀬戸熊直樹(連盟) ▲92.4 (2/2)

※連盟=日本プロ麻雀連盟

◆RTDトーナメント2019 2016年から3年に渡り行われてきた「RTDリーグ」から、トーナメント方式に変更。昨年行われた「RTDリーグ2018」の予選リーグ(WHITE・BLACK)の上位各6人、推薦枠として2人の計14人に加え、予選リーグ7位の2人と新規参戦2人の4人による入れ替え戦(サバイバルマッチ)から上位2人が本戦に進み、計16人で行われる。16人はA~Dの4グループに分かれ、半荘4回戦で対戦。トータル2位が準々決勝A(上位3人が準決勝進出)、同3位が準々決勝B(上位1人が準決勝進出)へ、同1位は準決勝(上位4人が決勝進出)に進む。主なルールは一発・裏ドラ・赤(各種1枚)あり、全自動卓による自動配牌のMリーグルール。

(C)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ