24時間駅伝 ガンバレルーヤよしこ、いとうあさこの言葉に「涙出そうに」イッテQ遠泳ロケと勘違い

 今年42回目を迎える日本テレビの夏の風物詩「24時間テレビ」(8月24~25日)のチャリティーランナーが、いとうあさこ(49)ガンバレルーヤ・よしこ(28)らに決定した。14日放送の同局「世界の果てまでイッテQ!」(日曜後7・58)で発表された。今年は「人と人~ともに新たな時代へ~」のテーマに沿い、1人42・195キロを4人がタスキをつないで走る駅伝方式、題して「人と人 ともに国技館へ 24時間駅伝」となる。残り2人は順次発表される。例年の日本武道館から、今年のゴールは両国国技館となる。

 よしこが同局を通じて発表したコメントは以下の通り。

 (サプライズロケで)内村さんから『よしこ、おめでとう!』と言われたので、てっきり「イッテQ」の遠泳ロケに行かされるのかと思いました(笑)。でも、その後マラソンに決まったよって言われて、ビックリしたんですけど、うれしくて、でも不安も大きくて。半々くらいですね。その後、あさこさんも走るって聞いて1人じゃないって知ってすごく安心しました。学生時代からバスケ、バレー、スイミング、エアロビクスと運動はしてました。寛平マラソンへも出場してフルマラソンを走ったこともあります。ただ、9時間くらいかかって足切りでゴールできなかったんです。無茶苦茶しんどくて、地獄のようでした(笑)。サプライズロケの後、あさこさんが『不安が大きかったけど、よしこも走るって知った時に頑張ろうって思えた』って言ってくれたんです、涙出そうになって。正直、今はプレッシャーを感じるほどの実感があまりないんですけど、大先輩からの言葉が一番うれしかったですし、頑張ろうと思いました。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ