劇場版「すみっコぐらし」11月8日公開決定 “すみっコ”が絵本の中で大冒険

アニメハック

2019/7/14 22:00

(C)2019日本すみっコぐらし協会映画部
 「たれぱんだ」「リラックマ」で知られるサンエックスの人気キャラクター「すみっコぐらし」の劇場アニメの正式タイトルが「映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ」に決定し、11月8日に公開されることが明らかになった。

2012年に誕生して今年7周年を迎えた「すみっコぐらし」は、「日本キャラクター大賞 2019」でグランプリを受賞したファンシーなキャラクター。寒がりで人見知りの“しろくま”や、自分はペンギンなのか自信がない“ぺんぎん?”、食べ残しの“とんかつ”、恥ずかしがり屋の“ねこ”、捕まることを恐れて正体を隠している“とかげ”といった“すみっコ”たちは、それぞれに異なる理由から、部屋などの隅っこを好んでいる。

「とびだす絵本とひみつのコ」では、サンエックスの「すみっコぐらし」チーム完全監修のもと、新作ストーリーで、絵本の中の世界に連れて行かれた“すみっコ”たちの大冒険が描かれる。“喫茶すみっコ”の地下室に隠された不思議な絵本に“すみっコ”たちが吸い込まれていく様子を収めた特報映像と、絵本の前に積み重なった“すみっコ”たちと、ページの端から顔をのぞかせる新キャラクターが描かれたティザービジュアルが公開されている。

監督を「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」のまんきゅうが務め、脚本を「銀河銭湯パンタくん」の角田貴志(ヨーロッパ企画)が担当。まんきゅう監督は「アニメ業界の『すみっこ』にいる自分が、本作の監督をやらせていただく運びになり、非常にご縁を感じております」と登板をよろこび、「“すみっコ”たちの魅力を原作ファンのみなさんはもちろん、たくさんの方々に伝えられるように、スタッフ一同『すみっコぐらし』と日々向き合っています。公開日を楽しみにしていて下さい!」と呼びかけている。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ