おしゃれで便利♪畳の小上がりスペースのある暮らしにはメリットがいろいろ

folk

2019/7/14 21:30

小上がりがある暮らし


飲食店でよく見られる小上がりは、フロアから一段高くしたスペース。お店では、靴を脱いでくつろげる畳スペースとして人気があります。

住宅においては、バリアフリーになりませんし、小さなお子さんがいる場合は注意が必要でもありますが、メリットも十分にあります。

小上がりスペースのメリット

小上がりとは


小上がり

instagram(@kao_kurashi)

リビングの一画に設けた、オープンスタイルの小上がりは、縁なしの畳を選んでいるので洋風のインテリアにも良くなじんでいます。

フロアから一段高くしているだけで、空間に立体感が出る点も、小上がりスペースのメリットといえるでしょう。

おしゃれな小上がりアイデア:オープン編

開放的な小上がりスペース


小上がり5

instagram(@flamingosap)

ここからは、おしゃれな小上がりスペースをご紹介していきます。まずは、オープンスタイルの小上がりスペースから。

こちらは、リビングの一画に設けられた小上がりスペース。階段横にあり、壁やドアもありません。開放的でナチュラルな空間になっています。

目隠しのある小上がりスペース


小上がり6

instagram(@ito_mikayo)

こちらは、フロアからL字型の目隠しカウンターを設けた小上がりスペース。圧迫感の出ない高さですが、ごろんと横になったときは、ちょうど目隠しになります。

おしゃれな小上がりアイデア:個室編

アーチ型の入り口のある小上がりスペース


小上がり7

instagram(@petit.cachette)

続いては、個室になっているタイプの小上がりスペースです。こちらは、入り口を半アーチ状にしつらえた、個性的なデザイン。

壁の一面をべんがら色にして、おしゃれ度の高い和モダンスタイルに仕上げています。

ホワイトインテリアになじむ小上がりスペース


小上がり8

instagram(@pattchi0925)

こちらは、ホワイトインテリアにマッチした小上がりスペースです。一段高くした土台も、クローゼットのドアも、オールホワイトでまとめています。

畳の色も、昔ながらのグリーンではなく、ベージュがかっている所がおしゃれです。

印象的な引き戸のある小上がりスペース


小上がり9

出典:https://reborn.cc/

玄関を入ると、正面に畳スペースが見えるのですが、木格子の引き戸を閉めると、和モダンテイストが印象的な空間になります。

縁の無い畳と檜の床材も、和モダンテイストインテリアのポイントです。

まとめ


現代のライフスタイルやインテリアにもなじむ、和モダンスタイルの小上がりをご紹介しました。

小上がりには、インテリアをおしゃれにしてくれるメリットもたくさんあります。そのため、リノベーションで設置する方も多いようです。小上がりの新しい魅力に、是非触れてみて下さい。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ