彼女を心配する彼氏の心理って?男性を不安にさせないためのポイント

folk

2019/7/14 20:30

彼女を心配する彼氏の心理を解説!


彼女の事を好き過ぎるあまり、過度にヤキモチを焼いて心配する男性は少なくないです。ですが、仕事や残業で忙しいにも関わらず、LINEや電話での連絡不足を怒る彼氏や、嫉妬や度を超えた不安をぶつけてくるストーカー気質の彼氏には、温厚な彼女もウンザリするでしょう。

どうして男性は、自分の彼女を不要に心配するのでしょうか。今回は、女性には理解しがたい彼女を心配してしまう男性の心理についてご紹介します。

彼女のことが心配になる理由


恋愛1

彼女を心配する理由には、彼氏にとってもいろいろな理由や原因が存在します。LINEや電話が好きな彼氏と、仕事や残業で忙しい彼女との組み合わせだと、お付き合いにも温度差や溝が生まれてしまいます。

また、男友達が多い、よく飲み会に参加してお酒を飲む特徴がある彼女も、彼氏に嫉妬と不要な不安が絡む心理に陥らせる傾向が強いです。

ここでは、彼女を心配になる彼氏の心理や理由をご紹介します。

可愛い顔でモテる


彼女が心配になる心理と理由に、彼女の顔が可愛い事でモテるという理由があるのです。彼女の自分を不安にさせる行動に怒る男性や、LINEや連絡が来ない事を理由に嫉妬する男性は、自分の彼女を可愛い、誰にも取られたくないと思っている男性が多いです。

彼女が可愛い故に「こんなに可愛いのだからモテるはずだ」だとか「可愛い顔の彼女は浮気のリスクが高くて心配」だと思っていると、不必要に浮気を疑い、彼女の大切な男友達にも嫉妬が湧き上がり心理的に不安定になるのです。

可愛いと思われるのは嬉しい事ですが、それが原因で彼氏の心理が敏感になり不安定になって怒るのでは、本末転倒ですよね。

過去にストーカーされた経験を持つ


彼女の事を心配する原因は、彼女が過去にストーカー被害に遭った事があるという可能性です。過去のストーカー被害への不安から、彼女が仕事や残業で帰宅時間が遅い事に不安になる、心配になる心理に陥る傾向が強いのです。

彼女を心配し大事に思う気持ちの表れですので、仕事や残業で忙しい時でも、彼氏に心配をかけないようにフォローを意識しましょう。

電話は出来なくても、帰宅時にはきちんとLINEや電話で連絡を入れる事を習慣づけるだけで、ストーカーへの不安を抱く彼氏の心配や不安は軽減されるはずです。

喧嘩の度合いが重い


彼女を心配する理由に、喧嘩の度合いが重いという原因が考えられます。例えば、喧嘩をして怒ると彼女から別れたいと言われる、または浮気されるのではないかという不安から、過度に彼女の行動を心配しがちな心理となるのです。

喧嘩の度合いを少し軽くするには、喧嘩をしてもお互いの愛情がブレていないとしっかり認識し合う事が大切です。どんなに怒る気持ちが湧いてきても、喧嘩を早めに終わらせる、気持ちが落ち着いたらなるべく早くLINEや電話で連絡を入れることをおすすめします。

浮気への嫉妬で敏感な彼氏への対処法は、不安定な彼の心理を安定させることが大前提となるのです。

彼女のことが心配になる男性心理


恋愛2

彼氏の立場での心理はなかなかデリケートなので、女性には思いもよらない事で、相手を不安にさせ心配をかけることも多いにあります。

自分の彼女を可愛いと高評価をする男性こそ、彼女への浮気の心配や男友達に向けた嫉妬は強いです。

彼女にとっては、たかだか男友達なのに、残業で遅いからLINEや電話での連絡をしなかったのに、と正当な意見があるはずです。

ですが、些細なことにも心配をしがちな彼の心理の中には、一体どんな動きがあるのか見ていきましょう。

LINEや電話が来なくてイライラ


彼女を心配する男性の心理の中では、彼女からLINEや電話といった連絡が来ない事にイライラ気味な心理に陥っています。

例えば、飲み会に参加してLINEが返ってこない、残業で遅い時間に帰るのにLINEも電話も来ないと、何かあったのではと心配をするのです。

単に彼女の身の安全を心配しがちな場合は良いでしょう。ですが束縛が激しく、怒るパワーが強い相手だと、彼女からのLINEが返ってこないと飲み会やお酒の席で男友達と浮気していると心配し、不安定な心理に陥っていることも十分考えられます。

飲み会で遅いと心理的に不安定になる


彼女の事をやみくもに可愛いと高評価する男性は、男友達との飲み会のみならず、女友達との飲み会でさえ心配し嫉妬します。

彼女への重い愛情が原因で、些細な事にも敏感に反応してしまう、LINEや電話での連絡を怠ることに強く怒る彼氏には要注意です。

飲み会で帰宅時間が遅いと、その遅くなった時間の分だけ心配性な相手の怒るエネルギーは増幅する傾向が高いです。

彼女にもプライベートで遊ぶ時間が必要だと理解できていない束縛タイプに多い考え方なので、相手の心理に不安定さを感じる場合は対処法を探してみると良いでしょう。

浮気への不安から嫉妬してしまう


彼女を過度に心配してしまう心理の中に、彼女の浮気を疑う気持ちから、不安に対して自発的に嫉妬を生んでいる可能性があります。

モテる彼女だと、ちょっとしたことにも浮気の心配がありますが、大抵の人は怒る負のエネルギーや、嫉妬のネガティブさを表に出そうとしません。

なぜなら信頼関係があったり、嫉妬をして浮気を疑うと彼女に重いと言われることを意識するからです。ですが、嫉妬から来る怒りのエネルギーや心理をストレートにぶつけてくる彼氏は、どんなことにも一杯一杯な自己中タイプだと言えます。

心理の不安定さを彼女に処理して欲しいと思うが故に、浮気されたら大変だと過剰にに心配するのです。

彼氏を心配させてしまう彼女の言動


恋愛3

大切な彼氏には、不要に心配して欲しくないと思う女性も多いものです。不安定な考えや心理で怒る事を繰り返す彼氏には、どんな女性でも重いと疲れ果てるでしょう。

なぜ彼氏はそれ程大切な彼女を心配し、嫉妬に苛まれてしまうのでしょう。ひょっとすると、彼女自身の無意識の言動がきっかけで、相手が怒る、心配をかけている場合だって考えられます。

ここでは、彼氏に心配をかけてしまいがちな彼女の言動をご紹介します。

記憶がなくなるまでお酒を飲む


彼氏が必要以上に不安を感じて心配するのは、彼女の普段の言動が原因な場合があります。例えば、男友達が参加している飲み会で記憶がなくなるまでお酒を飲む行為はNGです。

彼氏としては、大切な可愛い彼女が記憶を無くすまでお酒を飲むのは、やはり気持ちの良いことではないでしょう。まして男友達が一緒の席となると、LINEや電話での連絡が遅いと心配どころか怒ることも理解できます。

彼氏が嬉しいと感じる事を普段から意識して行動することが大切です。

怒ると別れをチラつかせる


彼氏は、怒ると別れをチラつかせる彼女に対して不安や心配を抱えてしまいます。例えば、喧嘩をすると怒るあまり別れたいと言い出す彼女は、自分自身の言動を改めた方が良いでしょう。

怒る気持ちは誰でも持っている感情ですが、怒る度に別れをチラつかせたり、浮気をほのめかすようでは、彼氏だって心配するのは当然ですし、穏やかに恋愛をしていられません。

彼氏を心配させないためにも、怒る感情を自分自身でセーブできるように努力しましょう。

風邪を引いても心配してくれない


彼女の言動で彼氏の心理状態を不安や心配にさせてしまう原因は、案外簡単な事がきっかけだったりします。

例えば、彼氏が風邪を引いた時や体調が悪いと伝えてきた時に、あまり彼女が心配してくれないだけでも、彼氏は自分自身が不安や心配になるのです。

風邪を引いても心配してくれないのは、自分の事が好きじゃないからかも…と、心理的に不安定になってしまう危険性があります。仕事や残業で忙しい時でも、彼氏の体調に気を使ってあげる事を忘れないようにしましょう。

残業で帰りが遅い時でも、一言電話やLINEで連絡を入れて、気にかけている事をアピールできれば良いでしょう。

彼氏に心配されやすい彼女の特徴


恋愛4

男性は女性が思っているよりもデリケートな心理を持っていますから、些細な事でも彼女に嫉妬してしまったり心配してしまうものです。

では、付き合う彼氏が共通して心配性だったり、過度に浮気を疑われる事が多かった場合、理由は彼女の方にあるかもしれません。

彼氏に心配されやすい彼女の特徴を知る事で、心配が理由で怒る彼氏の心理状態を安定させることが期待できます。ここでは、彼氏に心配されやすい彼女の特徴をご紹介します。

男友達が多い


彼氏がつい心配してしまう彼女の特徴は、男友達が多い女性です。男友達や女友達に対してフランクな考えの彼氏であれば問題はありませんが、潔癖タイプで自分に自信が無い性格の彼氏だった場合は注意が必要です。

男友達が多い彼女に対して、モテるタイプの女性だったんだ、だとか浮気されるリスクが高いと構えてしまう恐れがあります。男友達が多いからと不必要に心配されるのは大変ストレスの溜まるものですよね。

男友達が多い女性は、彼氏を心配させないように日頃から彼氏が嬉しいと感じる事を意識して行動すると良いでしょう。

仕事や残業が忙しい


彼氏に心配されやすい女性は、仕事や残業が忙しい女性に多い傾向があります。仕事や残業で忙しいと帰宅時間も遅いですし、帰宅後は明日に備えてゆっくり休みたいものです。

しかし、彼女の行動に心配ばかりしてしまう彼氏は、LINEや連絡が遅いだけで怒るタイプが多いですから、なかなか理解してもらうのも難しいでしょう。

嫉妬や不安が激しく心配症な彼氏には、日頃から仕事や残業で忙しい自分の身の上を、オープンに話す事で心配症な彼氏も次第に歩み寄ってくれるでしょう。

忙しいと連絡を忘れる


彼氏に心配されがちな彼女は、忙しいとLINEや電話での連絡を忘れやすい女性に多いです。とくに彼氏がLINEや電話などの連絡がマメなタイプだと、忙しい事を理由にLINEも電話も返さない彼女に対して不信感を抱いてしまいます。

仕事で忙しい時や、趣味に没頭している時はつい彼氏への連絡を忘れっぽくなりやすいものですが、なるべく連絡を返す事を意識しましょう。

とくにモテるタイプの女性は、彼氏の心理状態によっては浮気を疑われる危険性があるので、忙しいから仕方ないと怒るのではなく、彼女の方から歩み寄る事をおすすめします。

彼氏を心配させないために


恋愛5

彼女のことを過剰に心配してしまう彼氏に共通しているのは、心理的に常に不安を抱えていることが原因となっている場合が多いです。

また、彼女に対して何らかの心配や嫉妬があり、彼女の浮気を不安に感じているという事が挙げられます。

彼氏を心配させないためには、まずLINEや電話といった連絡に対してマメになることから始めると良いでしょう。

そして、彼氏の心配を解消してあげられるように、効果的な対処法を身につけることをおすすめします。

ここでは、彼氏を心配させないための対処法を3つご紹介します。

行動や言葉で愛を伝える


彼氏を心配させないためには、行動や言葉で明確に愛を伝えることを意識しましょう。普段から、彼氏に何かをしてもらったら感謝の言葉を伝える、彼氏が嬉しいと感じる事を意識して行うと、心配症な彼氏も彼女との愛情を再確認する事ができるはずです。

また、喧嘩の際に怒る感情を自分で制御する事ができれば、冷静に話し合うことができます。怒る感情をぶつけていると、穏やかな彼氏も彼女の気持ちに不信感を感じることに繋がりますので、怒る感情には注意しましょう。

心配をする彼氏に安心感を与えるためには、まずは二人の愛情を確認し、伝え合うことが大切です。

ストレスの対処法を見つける


彼氏を心配させないためには、彼女自身もストレスの対処法を見つけることが重要です。なぜなら、LINEや電話が遅いことや、過去にストーカー被害に遭った事で過度に彼氏が心配をしている場合、彼氏の心配する心理状態こそが彼女のストレスになる危険性があるからです。

ストレスの対処法をしっかりと身に着けなければ、心配症な彼氏に付き合っている事自体に疲れ果ててしまう可能性があるので、上手くストレスを逃がせるように、彼女なりの対処法を見つけましょう。

そして、彼氏の嫉妬や不安定な心理状態を少しずつ改善していく事を促すことも大切です。

嬉しい・幸せをしっかり表現する


彼氏を心配させない彼女になる秘訣は、心配症な彼氏に対して嬉しい・楽しい気持ちをしっかり表現することです。彼女の些細な行動に心配する心理状態を隠せない彼氏は、彼女への不信感を抱いているケースが多いです。

彼女があまり愛情表現しない事を理由に、彼氏の言動一つ一つに敏感に反応してしまう負のループが生まれている可能性も高いです。ですから、日頃から些細な事でも、あなたと一緒に居ると嬉しい、幸せだと愛情を表現すると良いでしょう。

彼氏を心配させないためには、彼女自信が彼氏を安心させてあげる事も重要なポイントなのです。

彼氏に心配されるのは愛され彼女の特権


彼氏に心配されるということは、それだけ彼女の事を大好きだと思っているからです。可愛い彼女だからこそ、LINEや電話などの連絡が来ないだけで不安になるし、男友達との飲み会にも嫉妬してしまうのです。

嫉妬や不安定な心理状態の彼氏に対して、重いと怒ることは避けて、心配症な彼氏の心を安定させてあげられる事こそ、効果的な対処法なのです。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ