アニメ化30周年記念「ちびまる子ちゃん展」8月8~26日に松屋銀座で開催

アニメハック

2019/7/14 19:00

セル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点を展示
セル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点を展示
(C)さくらプロダクション/日本アニメーション
 「ちびまる子ちゃん」のアニメ化30周年を記念して、8月8~26日に松屋銀座8階イベントスクエアで「アニメ化30周年記念企画 ちびまる子ちゃん展」が開催される。

同展は、セル画、スケッチ画、絵コンテ、映像など約350点の展示物を通して、「ちびまる子ちゃん」アニメ制作の裏側を紹介。さらに昨年8月に死去した原作者のさくらももこさんの直筆脚本やキャラクター設定資料、プライベート作品も展示され、さくらさんのアニメへの思いや日々の暮らしに迫っていく。また会場オリジナルグッズとして、ポーチ(1296円)、モバイルバッテリー(全2種、各3996円)、ピンズ(全8種、各540円)、ルートート(全7種、各3024円)も発売される。

会期中無休で、開場時間は午前10時~午後8時(入場は閉場の30分前まで)。12、18、25日は午後7時30分閉場、最終日は午後5時閉場。前売り券はチケットぴあで8月7日まで発売中で、料金は一般700円、高校生500円、小中学生400円。当日入場料は一般1000円、高校生700円、小中学生500円。

当記事はアニメハックの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ