ホリプロ×タツノコプロが男性声優オーディション開催、グランプリはアニメの主役に! プロデューサーの語る狙いとは


●ぶっとんだものが作れないかな

2011年に「第36回ホリプロタレントスカウトキャラバン次世代声優アーティストオーディション」を開催し、田所あずさ、大橋彩香らを輩出したホリプロ(現・ホリプロインターナショナル)。そして、『昆虫物語 みなしごハッチ』『科学忍者隊ガッチャマン』『タイムボカンシリーズ』など数々のヒット作品を世に送り出したタツノコプロ。この両社がタッグを組んで声優オーディションが開催中だ。

今回のオーディションでは、1980年~1981年に放送された、タツノコプロ制作のヒーローギャグアニメ『とんでも戦士ムテキング』のリブート企画である『MUTEKING THE DANCING HERO』の主役を選ぶというもの。グランプリ受賞者は2020年放送予定のTVアニメ『MUTEKING THE DANCING HERO』のムテキング役で声優&キャラソンデビューとホリプロインターナショナルとの専属契約が約束される。

募集要項は、「2020年3月31日時点で15歳以上22歳以下のアニメ・声優・歌手活動に興味があり、国内外問わずインターナショナルな活動に取り組める男性」というものだが、正直これだけではよくわからない。

そこで、実際にどのような人物を求めているのかを、『MUTEKING THE DANCING HERO』のプロデューサーである松永まり恵氏にインタビュー。オーディションにかける想いについて話を聞いた。
○■「ちょうど新人の男性声優を探している」

――オーディションについても気になるところですが、まずは松永さん自身についてお聞きしてもよろしいでしょうか。『MUTEKING THE DANCING HERO』のプロデューサーを務める、ということですが。

私がタツノコプロに入社したのは2016年ですが、この年の社内コンペに本作の元になる企画を出したことをきっかけです。その後様々なご縁が繋がり、今回このような機会をいただきました。

――本作は『とんでも戦士ムテキング』を元にした作品ですよね。オリジナル作品ではなく、タツノコプロさんが持っているIPを使おうと思ったのにはどのような理由が?

完全オリジナルの作品も考えていたのですが、『ムテキング』という弊社のIPを使って、「新しいヒーロー」像を形にしたいと思ったからです。正直、タツノコプロに入社するまで『ムテキング』のことは知りませんでした。ただ、調べていくうちに、「ローラースケートを履いた見たことがないヒーローがいる」と知り、気になって56数話あるアニメを一気に観たんです。

――作品を観ていかがでしたか?

タイトルの通り「とんでもヒーロー」だったので驚きました(笑)。ノリが良くて、戦闘の前に一曲歌い上げるという設定? も面白かったし、私自身がもともとカセットテープやローラースケートなど、80年代のアイコンはとても魅力的だと思っていました。また、昨今、一昔前に流行したものが魅力的に見え、本質的にいいものはいいと再評価される流れみたいなものがあって、「80’s」をアニメに落としこむなら今だ! という気がしたんですよね。だから、結果的に『ムテキング』はそういった点でも合致していたし、私も80年代当時に話題となった作品にフィーチャーして、ぶっとんだものが作れないかなと思うようになりました。

――元々の作品を意識されて作るんでしょうか?

オリジナル作品で描かれる「コメディ感・ヒーロー感」は踏襲しつつ、デザインや音楽、設定、世界観は大胆にアレンジしています。当時のリメイクというよりも、全く新しいものとしてリブートした作品になっています。

――では、世界観はどのようなものになるのでしょうか?

80年代の文化に敬意を表しながらも、現代の時代性を意識した内容になっています。根底にあるテーマは非暴力や多様性、そしてカルチャー。まだお話できることが少なくて申し訳ないですが、特にビジュアル・音楽面は挑戦的で、意欲的な作品になっていると思います。

――なるほど。全貌がまだ明らかになっていない本作ではありますが、現在、主役を決める男性声優オーディションが行われていますね。ホリプロインターナショナルさんとタッグを組まれていますが、実施するに至った経緯について教えてください。

本作の制作を進めようとなった頃に、社内の人間からホリプロインターナショナルの金成(雄文)さんが「ちょうど新人の男性声優を探している」ということで、紹介をしてもらいました。そこから、年齢層もぴったりな『ムテキング』の役をオーディションで募集してみませんか、と金成さんからご提案いただいたんです。

――その後、松永さんも金成さんとお会いになった。

そうですね。金成さんは本作を一緒に盛り上げていきたいとおっしゃってくださいました。今もいろいろと支えていただいております。

●デビュー後は歌って踊るという活動も
○■一緒に作品作りを面白がってくれる方だと嬉しい

――そして、実際にオーディションを開催するに至りました。

はい。今回のオーディションは応募対象が事務所に所属をされていない方です。そのため、お芝居の経験がなくて、不安に思われる方もいらっしゃるかもしれません。ただ、本作の主人公であるムテキ君も慣れない環境でバディとなるDJと出会い、自分を見つけていく、自分の意志で歩いていくようになるという設定。だから、本オーディションを受ける方の境遇にとても近い。むしろ、役と一緒に成長していただければと思っています。

――演技の面でもフォローをする、ということですね。

そうですね。アフレコまでにホリプロインターナショナルさんがフォローして、レッスンしてくださいますので、そこは安心していただければと思います。

――バックアップも万全ということですね。では、オーディションをするにあたり、松永さんはどういった点を重視したいと思っていますか?

その道のプロではない私としては、一緒に作品をつくる仲間を探すという感じです。一緒に作品作りを面白がってくれる方だと嬉しいですね。

――今回のようなプロジェクトだと声優としての活動がメインになるとは思いますが、リアルで歌って踊るという活動もしていくことになる?

そうですね。『ムテキング』は歌って踊るヒーローなので、声を担当していただく方にも同様、そういう活動でも活躍いただければと思っております。

――作品としては今後、イベントなども実施していく予定は。

やっていきたいです。音楽面でも多様性というテーマを元に色々な動きをしていきたいですね。作品に登場するヒロインを、VTuber的なコンテンツ化してアニメと地続きで楽しめる仕組みなんかもしたいと思っております。

――本日はありがとうございました。最後にオーディションへの応募を考えるみなさんにエールをお願いします。

今回のオーディションでグランプリを受賞されると、アニメ作品の主役声優としてデビューするだけでなく、キャラクターソングを歌う、そしてホリプロインターナショナルさんとの専属契約を結ぶことが約束されます。夢の入り口に立てる、人生を変えるビッグチャンスであることに間違いないと思います。今お出しできる情報が少なくて申し訳ないのですが、まだ発表されていないキャストさん、アーティストさんとも関わっていくことになります。迷っている方はぜひご応募ください。一緒に楽しい作品を作っていきましょう!
○●MUTEKING男性声優オーディション 募集要項

主催:ホリプロインターナショナル
■グランプリ特典
・2020年放送のTVアニメ『MUTEKING THE DANCING HERO』の主役・ムテキング役で声優&キャラソンデビュー
・ホリプロインターナショナルとの専属契約
応募期間:7月19日23:59まで(詳しくはエントリーフォーム)より

【予選】
7月27日 福岡予選
7月28日 大阪予選
8月10日 東京予選
8月11日 東京予選
【合宿審査】8月20日、21日、22日※8月19日前のり予定
【最終審査】9月8日※9月7日(土)前のり予定
【応募資格】2020年3月31日時点で15歳以上22歳以下のアニメ・声優・歌手活動に興味があり、国内外問わずインターナショナルな活動に取り組める男性
*グランプリ決定後、すぐに東京で芸能活動が可能な方に限る
※日本語での日常会話が可能な方
※学生の方は芸能活動が可能な方
※応募者が未成年者の場合に限り、親権者の同意が必要
※レコード会社・芸能プロダクション未所属の方
※予選、合宿審査、最終審査にご参加頂ける方
※オーディション参加費、選考費など応募者にかかる費用負担はなし
※予選にかかる交通費は自己負担
※合宿審査、最終審査に伴う交通費、宿泊費は主催者が負担

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ