杉野遥亮、連ドラ初主演で俳優の面白さを再確認「ものを作るって楽しい」


俳優の杉野遥亮が、MBS/TBSドラマイズム枠にて放送中の『スカム』(MBS 毎週日曜24:50~、TBS 毎週火曜25:28~)で連続ドラマ初主演。社会から見放された若者たちが振り込め詐欺に手を染めていく衝撃の物語で、振り込め詐欺に手を染めていく主人公・草野誠実(くさの・まこと)を演じている。裏社会を舞台に等身大の若者から犯罪者へ身を堕としていく役どころを見事に表現している杉野に、初主演の感想や役作りについて話を聞いた。

――まず、連ドラ初主演の心境を教えてください。

そういう特別な気負いはなかったですし、自分で重く考えることもありませんでした。

――プレッシャーにはならなかったですか?

それはありました。監督の一番近くで独り占めして話せていたし、自分が出演していないシーンも含めて一番たくさん現場を見ることもできたので、いろいろ考えたり、周りを見たりすることは多く、そういうプレッシャーはありました。

――詐欺師役として特に意識したことは?

詐欺についてわからない部分や疑問に思ったことを詰めていくという時間が多かったです。原案の本も読んで、知らない世界のことが見えるようにしたいと考えていました。でも、台本を読んで心情的に疑問に感じることはなく、理解できました。自分にも当てはまる部分はあるなって。

――小林勇貴監督が、役の気持ちに寄り添いながら演技する共感能力の高さを評価されていましたが、ご自身としても強みだと感じていますか?

自分では思っていません。でも、誠実が詐欺を一概に悪事とだけは捉えられないという考え方はわかるなと。もちろん肯定できないことなんですけど、手段が詐欺だったというだけ。日頃の鬱憤や閉塞感を打開したい若い人たちは多いと思うし、自分もそこに苦しんでいた学生時代もあったので、共感できました。

――誠実だから共感しやすかったというのが大きそうですね?

特に共感しやすいというのはあったかもしれないです。誠実の思いというのは、就職したばかりの友達と話していても「会社を辞めたい」「どこに向かって走っていけばいいのかわからない」という人がすごく多くて、そういう人たちに向けて届けたいという思いや、彼らの気持ちを代弁できたらいいなという思いもあったので。

――主演という意識はあまりしていなかったとのことですが、主演として心がけていたことはありますか?

どういう形であれ現場が楽しくあればいいなというのは考えていました。各々がやれることをやりつつ、そうじゃないところで気が休まる現場、つまずいてもまたギアを上げられる現場にしたいなと。でも、実際に現場に入ったら僕ができたことはほとんどなくて、スタッフ、キャストのみなさんが自然とそういう風になっていって、結果すごくいい空気だったと思います。

――そういう空気になったというのは、やはり杉野さんの影響が大きいのでは?

いやいや、僕にはそんな力はないです(笑)

――今作で気づいたことや、成長できたと感じている点は?

ものを作るって楽しいなと改めて思いました。自分が伝えたいことの一点に過ぎないかもしれないけど、伝えたいことを伝えられるこの仕事って素敵だなと思ったし、みんなが同じところに向かって走っている感じも、長く現場にいたからよりわかって、改めて魅力を感じました。また、もっとこうしたいという思いもいろいろ出てきて、それに気付けたこともうれしかったです。

――今後、新たに挑戦してみたいことは?

今回のように作品に長く携わって、一番近いところで見られるというのは贅沢でいいなって。そこに魅力を感じちゃいましたね。

――そうすると、次なる作品が楽しみですね?

またやらせていただきたいなと思いますが、そこだけを意識しているわけではなく、もっともっと芝居をスキルアップさせていかないといけない、磨いていきたいなと強く思いました。

――課題だなと感じている点は?

もっとほかの方の気持ちを引っ張り出せたらと思うこともありますし、100%満足じゃないシーンもありますし、表現のレパートリーが足りないなと思うことも常日頃あって、そういうところをもっと磨いていきたいです。

――最後に、この作品をどういう人に特に見てほしいですか?

まず親に見てほしいなと。こういう詐欺には遭わないでほしいって思います(笑)。いろんな映像資料も見ましたけど、「母さんオレオレ!」っていう自分が想像していた詐欺なんかよりもはるかに高度で、これは引っかかっちゃうなって思う内容だったので、危機感を持ってほしいです。

あと、誠実のように若い人たちに見てほしいです。社会に対しての不信感や、一つの箱に入れられているような閉塞感は、絶対にみんな感じたことがあると思うんです。そういうところの真ん中を生きているのが誠実かもしれない。いろんな圧力に揉まれて、絶望的な誠実が詐欺をやる中でどんどんキラキラしていく。それは詐欺を肯定しているわけではなく、自分が生き生きできる環境を表現できていることや、自分の信念に従って物事を進めているということについて。これを見て希望を持ってほしいなと。誠実は絶望には向かっていきますが(笑)、そういうところが伝わってほしいなという思いでやっています。

■プロフィール
杉野遥亮
1995年9月18日生まれ、千葉県出身。「第12回FINEBOYS専属モデルオーディション」でグランプリを獲得し、芸能界入り。映画『キセキ -あの日のソビト-』で俳優デビュー。ドラマ『地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子』、『ゼロ 一獲千金ゲーム』(日本テレビ)、『大恋愛~僕を忘れる君と』(TBS)、『新しい王様』(TBS×Paraviスペシャルドラマ)、『ミストレス~女たちの秘密~』(NHK)、映画『あのコの、トリコ。』、『春待つ僕ら』、『L・DK ひとつ屋根の下、「スキ」がふたつ。』、『居眠り磐音』などに出演。公開待機作として、W主演を務める映画『羊とオオカミの恋と殺人』(2019年11月29日公開)、2020年1月放送予定の主演ドラマ『山本周五郎ドラマ さぶ』(NHK BSプレミアム)がある。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ