「顔はおもちゃじゃない」美容整形を2年半かけて研究…年商2億円の敏腕ホストクラブ経営者

AbemaTIMES

2019/7/14 17:30



 『かみひとえ』の未公開映像がAbemaTVで配信され、歌舞伎町の敏腕ホストクラブ経営者が登場。美容整形手術に対する思いや、きめ細かな接客スタイルにゲストの朝日奈央も「すごい」と感心した。

当番組では、博多華丸・大吉とココリコがダブルMCを務め、令和の“かみひとえ”スターを発掘する。今回のかみひとえさんは、27歳にして歌舞伎町にホストクラブ2店舗を構える経営者・ION(イオン)さん。昨年の年商は2億円、今年の予想は4~5億円程度を予想しているという。


 経営者兼ホストとしてバリバリ働くIONさんは、美容整形手術を受けたことを隠していない。

「(美容整形手術を)やるって決めてからは、めちゃめちゃ調べました。整形は興味本位ではない、勉強というレベル。どんな機材を使い、どういう手術なのか。目の手術ひとつとっても得意ジャンルは先生によって違いますし、ものすごい数の先生の話を聞きました。35~36人ぐらいは聞いたんじゃないですかね」(IONさん)

美容整形手術を決意してから、約2年半を費やし整形データを収集した研究熱心なIONさん。IONさんが整形したことについて、女性客のひとりは「えっ、知らない! 本当に!?めちゃくちゃナチュラルなんだけど、気づかない程度にイケメンになった」と仕上がりを絶賛。IONさんは「顔っておもちゃじゃないから。取り返しのつかないことはしたくない」と整形への慎重な姿勢を示した。


 IONさんの慎重な性格は、私生活にも現れている。自宅を訪ねてみると、なんと後輩宅のリビング一角で借り暮らしをしていることが判明。IONさんは「僕は今家なき子で、うちのお店の五月五月(さつき・めい)くんのお家に住ませてもらっている」という。

年商2億円を稼ぐ男性の居候暮らしに、スタジオで映像を観ていた博多華丸・大吉とココリコも驚きを隠せない。IONさんの居候生活にも慎重すぎるがゆえの理由があり「(賃貸の)契約更新のとき、退去するタイミングで気に入った物件が見つからない」と、物件選びに慎重になりすぎて家なき子になったことを明らかにした。


 もちろん接客スタイルも慎重で、IONさんはお客さんから聞き出した31の質問を毎回メモし、パソコンで管理。

「(パソコン画面を指差しながら)ベースでこういうのは聞いておいた方がいい。この情報をもとに、どのようにアプローチしていけばいいのか。戦略を決める素材、と言えば分かりやすいかもしれないですね」(IONさん)

31の質問の中には「生年月日」「血液型」「仕事」「地元」などの基本情報から「初めて会った日」「初指名日」「家族構成」「過去のトラウマと生い立ち」「恋愛に対しての考え方」まで、かなり細かいものがあった。


「全て3カ月以内に聞かないといけない。聞ききれなかったりするので、その後は聞くこと自体がマイナスポイント。3カ月間楽しく遊んで、いろいろな思い出ができて『そういえば名前なんだっけ?』みたいな感じだと、がっかりする。これが女性になると、誕生日とか会ったのいつだっけ、とかそういうレベルになってくる。その1つ1つが気を悪くされるきっかけになったりする」

お客さんである女性をがっかりさせないためにも、接客スタイルも慎重であることを明かしたIONさん。IONさんの接客スタイルにスタジオで映像を観ていたタレント・朝日奈央も「すごいなぁ」と感激していた。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ