齊藤工も来場 野外映画フェス開催<7月26日~28日>

モデルプレス

2019/7/14 16:19

【女子旅プレス=2019/07/14】2019年7月26日(金)~28日(日)、野外映画フェス「第5回 富士 湖畔の映画祭2019」が山梨県富士五湖・本栖湖キャンプ場にて開催され、“齊藤工”名義で監督としても活躍する俳優の斎藤工が来場する。

同イベントは、森に囲まれたスクリーンの周りにテントを張り、星空の下で映画を楽しむ新感覚のアウトドア映画祭。会場では日中も室内で上映され、3日間映画見放題となる。

上映作品は、インディーズ映画界で話題の「岬の兄妹」をはじめ、齊藤の「バランサー」、富川国際ファンタスティック映画祭でも賞を取った清水康彦監督「MANRIKI」の特別ショートフィルムバージョン「『MANRIKI』特別短編」など30本以上を予定。ほとんどの作品で舞台挨拶も行われる。

キャンプ場が会場となるため、芝生で寝そべりながら、お酒を飲みながら映画鑑賞可能。テントを張ったり、バンガローに宿泊したり、日帰り温泉も近くにあり、飲んで食べて寝そべって温泉につかる、都会の喧噪を忘れたひとときを満喫できる。(女子旅プレス/modelpress編集部)

■「富士 湖畔の映画祭」概要



会場:山梨県富士五湖・本栖湖キャンプ場
(山梨県南都留郡富士河口湖町本栖18)
日付:7月26日(金)~28日(日)まで
チケット:通し券のみ 一律前売り3,500円(税込)、当日券4,000円(税込)

情報:湖畔の映画祭実行委員会

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ