ナジャ、メルパルク問題に「わざとやった?」 藤田ニコルも苦言

しらべぇ

2019/7/14 15:20

(写真は土屋さんより提供)
14日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で、メルパルク仙台が結婚式を挙げた新郎新婦に対し不適切な対応をした問題について取り上げ、式場サイドのありえない振る舞いに出演者が怒りを露わにするシーンがあった。

■メルパルク仙台の不適切対応


番組では仙台市のホテル兼結婚式場「メルパルク仙台」が、結婚式を挙げた新郎新婦に対し、ありえないようなミスや、不手際を連発したことを紹介。それによると、

・午前中は会議だから飾り付けをできないといわれたが、じつは別の結婚式が入っていた。

・ドリンクメニューを一番高いプランにしたにもかかわらず最も安いプランにされた

・ケーキが人数分用意されていなかった

・参列者に渡した引き出物の中に原価の書かれた発注書が入っていた

・花嫁のグローブが毛玉と埃だらけだった

・食事中に箸を下げられた


などの対応を受けたのだという。被害男性はメルパルク仙台側に説明を求めたものの、「弁護士を通してほしい」と一蹴されたそう。

今回の件で新婦は精神的苦痛から会社を休職し、医師からうつ病との診断を受けたという。人生の門出をぶち壊された形となった新婦は「前の生活に戻せるようにしてほしい」「笑顔をみせてほしい」と涙を浮かべた。

藤田ニコルや西川史子が苦言


VTRを見た藤田ニコルは、「人を幸せにする仕事に就いたのになんでこの対応なんだろうと思う」と憤りを見せる。自身も結婚式を挙げた経験を持つ西川史子は「普通期待以上のものを提供してくださって、本当にありがとうって気持ちになれる」とコメント。

これを受けたニコルは「自分がされたらどういう気持ちなんだろうなと思った。もっと真剣に取り組んでほしかったです」と憤りを見せる。

■ナジャ「わざとやっているのでは?」


さらに苦言を呈したのが、女装家のナジャ・グランディーバ。この件について聞かれると

「評判も良かったって聞いてるから。そんなところが、全部ほとんどのポイントでミスをしてるわけじゃないですか。そう考えるとね、私がもしかしたらひねくれてるオカマなのかもしれないですけど、なんかわざとやったんじゃないかなって。

ケーキの後に巻き寿司出るんですよ。そんなんないじゃないですか」


と怒りをぶつけた。

■細野弁護士は今後について見解


この件について、細野敦弁護士に対し田中裕二から「新郎新婦が訴えた場合どうなるか」と質問が。同弁護士は

「示談で終わればいいですけど、裁判になった場合に、この夫婦の主張が真実だと認められれば、式場側から代金の一部返還であるか慰謝料支払うってことになるでしょうね 」


との見解を示した。

■ネット民から怒りの声


メルパルク仙台の不適切対応について知らなかった人も多いようで、改めて報じられたミスの数々に驚きや怒りの声が上がっている。









■ご夫妻・式場サイドのコメントは…


人生の晴れ舞台となるべき華燭の典において、ご本人たちやご親族、親しい人たちの心にも大きな傷を残すことになってしまった、メルパルクの対応。

しらべぇ取材班も、式を挙げた土屋さんご夫妻、メルパルク仙台とその親会社であるワタベウェディングを取材。双方からコメントを得た記事も合わせて確認してほしい。

何よりも、被害を受けた2人の門出が、この困難を乗り越えることで輝かしい未来につながるよう祈らずにはいられない。

・合わせて読みたい→加藤浩次、結婚トラブルでの式場側の対応を厳しく非難 「まったくもって正論」と共感の声

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ