ブルーライトもなんのその! スマホを握りしめたまま寝落ちした体験談

しらべぇ

2019/7/14 15:40

(CreativaImages/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
スマホを肌身離さず持つ人は、それほどめずらしい存在ではないだろう。中には寝るときでさえも、握りしめている人もいるかも。

■4割がスマホを見ながら寝落ち


しらべぇ編集部では全国10~60代のスマホを持っている男女1,345名を対象に、「スマホの利用について」の調査を実施。



「スマホを握りしめたまま寝落ちしたことがある」と答えた人は、全体で40.4%だった。

■ブルーライトの影響も強烈な睡魔には…


性年代別では、10代から30代の女性が高い割合になっている。



若い世代には、一瞬でもスマホが手放せない人も多いだろう。

「寝る前にベッドでSNSをチェックしたりゲームしたりしていると、急激に眠気に襲われるときがある。そこから眠気を我慢してスマホを続けているときに、寝落ちすることが多い。

ブルーライトは睡眠に悪影響を与えるって言われているけれど、私の場合には今のところ睡魔のほうが勝つみたい」(20代・女性)


■寝室にはスマホを置かない


寝落ちしないよう、寝室にはスマホを置かない人も。

「これから寝ようとしているのに寝室にスマホがある状態だと、我慢できず触ってしまう。この悪循環を断ち切るためには、寝るときには寝室以外のところにスマホを置くしかないと考えた。

今は1階のリビングに置いているので、スマホと寝室との距離は大きく離れている。このおかげで寝落ちはもちろん、寝る前のスマホも控えられるようになった」(30代・男性)


■朝も昼もスマホを見ながら寝落ち


寝落ちするのは、夜だけではない。

「夜の寝る前だけでなく、休みの昼間にスマホを触っているうちに寝落ちするときがある。なにも考えずにやりたいことやって寝てるのだから、いい休日だと思う」(30代・女性)


起きてすぐにスマホを見て、二度寝してしまう人も。

「朝起きてすぐにするのは、スマホをチェックすること。ただそのままばっちりと起きられるときはいいけれど、スマホを見ながら二度寝してしまう場合もしばしば」(20代・男性)


いくら眠れるといっても、スマホの光は睡眠に影響する。寝る前くらいは、我慢したほうがいいのだが…。

・合わせて読みたい→昔はあんなに苦労したのに… 10代男子の7割がスマホでエッチ動画を観る現実

(文/しらべぇ編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代のスマホを持っている男女1,345名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ