犬飼貴丈×武田航平「僕は武田航平チルドレン」「魅力的な人間」お互いべた褒め!の関係性に迫る

dwango.jp news

2019/7/14 15:00


映画と舞台を完全連動させた新企画「東映ムビ×ステ」の第一弾、映画「GOZEN⁻純恋の剣⁻」(7月5日劇場公開)と舞台「GOZEN-狂乱の剣-」(9月12日より東京・大阪にて上演)。軸となるのは8人の男たちが臨む“御前試合”である。そして映画「GOZEN⁻純恋の剣⁻」で主人公の青山凛ノ介を演じるのが犬飼貴丈だ。藩主・望月甲斐正(波岡一喜)が幕府への謀反を企てているという疑惑が持ち上がり、幕府の隠密である凛ノ介は府月藩に潜入する。そこで出会ったのが神谷八重(優希美青)。凛ノ介は八重と恋に落ちるが、彼女と縁談を進めるのが府月藩士の寺脇甚八郎(武田航平)だった。2人は隠密をあぶりだそうと甲斐正が企てた御前試合に参加することになるのだが…。この凛ノ介役の犬飼貴丈と甚八郎役の武田航平に直撃インタビュー!



――映画「GOZEN⁻純恋の剣⁻」に出演されると決まったとき、どう思われましたか?

犬飼「またか!って(笑)」

武田「あははははははは」

――お2人は「仮面ライダービルド」でも共演されていましたからね (笑)。

犬飼「そう、東映さんなので“あれ、仮面ライダー?”って思ったんですよ。そしたら今度、時代劇で新しいことを試みるということで。そこに声をかけてくださったのはうれしかったですね」

武田「僕も最初は“またか!”って思いましたよ(笑)。貴丈とは“ビルド”から長い付き合いですし。しかも声をかけてくださったのが、仮面ライダーのプロデューサーの大森(敬仁)さんでしたから。また2人で仮面ライダーをやるのかと思ってしまいました」

――仮面ライダーでなく、時代劇と知ったときは?

武田「僕はやりたいと思っていたので、とでもうれしかったです。ただ僕の頭は武士がしている中剃りなんですね。貴丈にイジられるだろうなって思っていたら、案の定、いじられて。めちゃめちゃ笑われました」

犬飼「舞台に出演するメンバーは僕たちみたいなガチガチの武士のような髪型じゃないですけどね」

武田「そう、あっちはちょっとイケメン風で」

犬飼「2.5次元っぽい感じでしたよね」

武田「俺なんか半分、ハゲてるのにって(笑)。いや、自分は全然、気にしていませんよ。時代劇はやってみたかったですから」

――お2人が演じる青山凛ノ介と寺脇甚八郎は、どんなキャラクターか教えてください。

犬飼「凛ノ介はまっすぐだけど不器用で。もがいてもがいて必死に何かをつかもうとする男ですね。名前に“凛”という字はありますが、心の中は逆にぐちゃぐちゃしている人かなって思います」

武田「甚八郎は常軌を逸したところもあるように見えますが、本人は自分の思いに従っているだけだと思うんですよ。当時、政略結婚はたくさんあったでしょうし。今だから“えっ⁉”って思われるでしょうが、この時代においては一生懸命、生きた男なのかなって。まぁ、健全には見えませんけどね(笑)」

――そして、この物語において殺陣は必要不可欠な要素。実際にやってみていかがでしたか?

武田「貴丈は最初“俺、殺陣やったことないです。大丈夫ですかね?”って言っていたんですよ。でも、運動神経もいいし、センスもあるし、イケるんじゃないかって話をしていて。そのとき軽い調子で“まぁ、いいっすわ”なんて言うから“あれ、大丈夫かな?”ってちょっと不安になったんです。そしたら本番は完璧に仕上げてきましたからね。こっそり練習したのか分かりませんけど、さすがだなって思いました」

犬飼「いや、航平さんが前日、練習に付き合ってくれて。そこで大分、調子をつかんだんです」

武田「前日に良くなったの?」

犬飼「はい(笑)。もう斬られないために、ただ必死でした!」

武田「いきなり侍みたいになってるし(笑)」

犬飼「もう殺陣をする相手が航平さんで良かったなって。信頼できる関係を築けている人だからこそ、思い切ってやることができました」

武田「それはうれしいね。ただすごく殺陣がうまくなっていたから心配損みたいな。ほとんどNGもありませんし。しかも終わった後、2人で歩いていて“俺らイケますね”って貴丈が言ったときは、貴丈らしいなって思ったのを覚えています」

――これまで長い付き合いのお2人なのでお互いの素もご存じだと思います。実際は、どのような人か教えてください。

犬飼「航平さんはいつでも周りの方たちに気を使っていて。たぶん、それが素なんじゃないかって思うぐらい配慮がきっちりできる人ですね。芝居中も“こっちの方がやりやすい?”って聞いてくださいますし。プライベートでも気を使ってくれるので、僕は甘えたい放題。その気配りや優しさは仕事もプライベートも同じですね」

武田「いやいや、そんなことは…あるなって。冗談ですけど(笑)。そういう貴丈も先輩に対してはちゃんと礼儀正しかったり、芝居に対して情熱的だったり。あまり表面では見せないんですよ。仮面ライダーのイベントでも、ちょっと芝居をやらなきゃいけなくて“全然覚えられないっす”って言っていても、しっかり覚えてきていますから。あとはひとつのことに没頭してやり続ける才能もあるので、魅力的な人間だなって思います」

――お互いべた褒め状態ですが、犬飼さんは武田さんから学んだことも多いんじゃないですか?

犬飼「そうですね。僕と赤楚衛二は“武田航平チルドレン”ですから!」

武田「いや、いきなり作るなよ。そんなのないから(笑)」



――撮影中のエピソードも教えてください。

犬飼「次、一緒のシーンだから、航平さんの楽屋に行ったんです。トントンてノックをしても返事がないから入ってみたら、航平さんがうつぶせで寝ていて(笑)。かつらがズレちゃうので、かつらを被っているときって普通に寝れないんですよ。その恰好がめっちゃ面白くて(笑)」

武田「そう、かつらがズレちゃまずからうつぶせで寝ていたら“はっは~”って声が聞こえてきて。ぱっと見たら貴丈がげらげら笑っていたんです。“いやぁ~、殿様が死んでいるかと思いました”って (笑)」

犬飼「ほとんど“ビルド”の延長線上みたいなものですね。お互い、笑いあってばかりいました(笑)」

文・写真:今 泉

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ