マツコ、JAL元CAのOGの会に大興奮 「私はスチュワーデスになりたかったの」

しらべぇ

2019/7/14 13:00





13日放送の『マツコ会議』(日本テレビ系)では、JAL元CAのOGの会を深掘り。マツコ・デラックスが、憧れた元CAたちのゴリゴリに華麗な世界を堪能する。

■元CAの第二の人生を深掘り


ゴリゴリだった頃のJALのCA退職後の人たちは、何をしているのか。老人ホーム紹介会社のコンシュルジュとして起業する人もいたが、企業の人材育成やホテルの社員研修に携わる人が多い。マツコが、なぜそうなったのかを推理する。

「昔はJALとか帝国ホテルとかそういうところに勤めていた方に聞かないと、西洋の礼儀作法って教えられなかったんだと思うのね。だから近代化していく時期に、慌てて企業がJALに頼んだのよ」


今やマナー研修といえば、「上司に出す書類の印鑑は左に傾ける」「徳利は注ぎ口を使ってはいけない」のような、よくわからないトンデモマナーが生み出されつつある印象が強い。

元CAのマナー研修には、そのような不思議なマナーは存在しないのかもしれない。

■マツコが語る「CAとスチュワーデスは違う」


マツコが「CAはベテランに限る」説を展開する場面があった。

「CAはベテランを味わうんだよ。お前らはまだまだわかってない。まずベテランさんと仲良くなると機内で本当に過ごしやすくなるわよ」


この持論の根幹にあるのは、スチュワーデスへの憧れがありそうだ。マツコが「CAとスチュワーデスの違い」について熱く語る。

「これは私の理論なの。CAと呼ばれるようになってからはCAなのよ。CAとスチュワーデスは違うんです。私はスチュワーデスになりたかったの。ほんとにすごかったんです、JALのスチュワーデスになるということは」


ゴリゴリの女性エリート概念「スチュワーデス」に対するマツコの熱情は爆発しっ放しだ。

■視聴者は「クリスタルクリア」に


50代の元CAが、一回も結婚したことがないことを「クリスタルクリア」と例えるくだりがあった。これに視聴者が好反応。









「クリスタルクリア」として生きる元CAたちの話を聞いて、マツコが持論を吠える。

「当時ゴリゴリでモテモテだった人は独身が多い。本当にすごい人たちは、結婚せずにキャリアとして生きてるんだよ。これが本当のJALなんだ。こっちが本当のJALのCAだからな、コノヤロウ!」


理想を高くし、自分を高く磨き上げる元CAの在り方に憧れる気持ちが溢れて出ているようだ。

■スチュワーデスは古き良き時代の象徴


かつてのファーストクラスの豪勢さを振り返るマツコが、おもわず現代のせせこましさを嘆く。

「ハッハー、生まれてくる時代間違えた。つまらないわー、つまらない。合理化ばかりでつまらない」


バブルだった頃の日本が垣間が見える。「CAとスチュワーデスは大きな違いがある」とのマツコの言葉に込められた意味は、今を生きる若い世代にはどんどん伝わらなくなっていくのだろう。それは仕方ないことだが、なんとなく寂しい。

・合わせて読みたい→マツコ、ルブタン好きへの印象語る 「自己評価が高い人か冷静さを失った図々しい人」

(文/しらべぇ編集部・モトタキ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ