松本人志、ジャニーさんの先見の明は「簡単なことじゃない」


お笑いコンビ・ダウンタウン松本人志が、14日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00~11:15)で、9日に亡くなったジャニーズ事務所代表取締役社長・ジャニー喜多川さん(享年87)について語った。

「『ダウンタウンなう』の収録をしていて、V6のトニセンの3人がゲストで来てくれたんですよ。その時にもジャニーさんの話になって」と切り出した松本。ジャニーさんに会ったことがなかったそうで、「周りにスタッフがおったから、『あなた、ジャニーさんですよね?』と言って遊んでたんです。顔も知らんし。(収録後)車に乗り込んで携帯見たら、『救急搬送』と出て。そのタイミングで、初めてそこで顔を知った」と振り返った。

12日には、ジャニーさんが大好きだったジャニーズアイランドの稽古場で家族葬が執り行われ、所属タレントが集まった。松本はそのことに「すごい幸せな人やと思いますよ。これだけみんなが集まって来てくれるってね」と触れ、「たぶん、僕がそういうことになっても、吉本の芸人では東野ぐらいしか来てくれないんじゃないか」と心配して笑いを誘う。

また、「今でこそいろんなシステムが見えて来たけど、当時は40年ぐらい前ですか? 何となくきれいな顔の子を5人ぐらい集めたら売れるやろ、ぐらいの感覚じゃない? 一番カッコいいやつをリーダーにしたらええやんみたいに思てた世の中で、その頃にもう先見の明があった」とジャニーさんのプロデュース力を称え、「簡単なことじゃない。全員面白いやつのグループができたらそれが面白いかといわれればそうじゃない」と語っていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ