足で腹肉や顔を踏みつける…韓国の激痛エステ「コルグン」の効果とは?

AbemaTIMES

2019/7/14 12:00

 AbemaTVのトークバラエティ番組『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#119が7月15日(月)、よる9時より放送される。同番組はお笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明と矢作兼がMCを務める、“ブス”をテーマに語り尽くすバラエティ番組。毎回スタジオに登場する容姿や性格が自称“ブス”な女性の意見や経験談を元に、“ブスとは何なのか”を徹底討論していく。


 #119では“ブス枠”ゲストとして、メイプル超合金・安藤なつ、芸人・八幡カオルらが出演。“美人枠”にはタレント・重盛さと美も出演し、その他のブスゲストとともに、「ブスが浮気されたエピソード」「ブスVS韓国美容」「欠かせないHのオトモ」について語り合う。

前回の放送では、「韓国美容でブスは美しくなれるのか」検証がスタート。土佐犬似のブス・土佐みきよと、経験が無いのにどこまでも妄想トークができる芸人・アミが、コルギ、24金パック、よもぎ蒸し、カッピングを体験する様子が明かされた。


 今回は、そんな美容検証ロケの後半をお届け。2人はラストの5つ目「コルグン」を体験するために「webeauty清潭本店」へ。コルグンは骨と筋肉が収縮すると論文で唯一認められているエステで、手ではなく足で施術を行い、手では届かないような奥の筋肉や骨を刺激できるのが特徴だ。ここで、土佐はウエスト引き締め、アミはくびれ作りを目指すことが決定する。

今の体型を石膏で型取りしたら体験スタート。土佐の上には施術者が乗っかり、全体重をかけて足でおなかの肉をブニブニと踏みつけ。一方、アミは脇から背中にかけて肉を流すように踏みつけられる羽目に。2人が悶絶する様子を見て、矢作は「痛そうだな~」とコメントする。




 あまりの痛さに悲鳴を上げ続けた2人だが、その効果は抜群。スタート前に型取りした石膏を当てると、土佐もアミも石膏にバッチリ隙間ができており、土佐はウエスト-2.3cm、アミは胴回り-1.5㎝と、数字にもはっきりと結果が表れた。2人は「スゴーイ」「全然違う。隙間が空いてます」と感嘆する。






 最後に韓国風メイクを終え、韓国男子にどちらがカワイイかアンケートを実施。果たして韓国男子にモテるのはどちらなのか!? 『おぎやはぎの「ブス」テレビ』#119は、7月15日(月)よる9時より、AbemaTV・AbemaSPECIALチャンネルで放送される。

(c)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ