田中大貴アナ 週刊誌報道受け謝罪「早く収束させていきたい」

フリーの田中大貴アナウンサー(39)が14日、MCを務めるTOKYO MX「日曜はカラフル!!」(日曜前11・30)で、11日発売の「週刊文春」報道について「私の関係者みなさま、お世話になっているみなさまに多大なご心配とご迷惑をおかけしました。たいへん申し訳ございませんでした」と謝罪した。

 番組冒頭で「少しだけ、お時間を頂いて、みなさんに謝罪させて頂きたいと思います」と語りだした。そして、現状について「信頼を回復すべく、これから生活していきたいと思っておりますが、相手方の、先方の方とは協議を続けようと連絡をとって進めているところです」と報告。「早く収束させていきたいと思っております。今日もオンエアーどうか、よろしくお願いします」と頭を下げた。

 13日に更新したブログでは「私の軽率な行動によるものであり、深く反省しております。誠に申し訳ございません。関係各所の皆様 親愛なる皆様 この度は一部報道により、皆様に多大なご心配、ご迷惑をお掛けする形になり、大変申し訳ございませんでした。私の軽率な行動によるものであり、深く反省しております。誠に申し訳ございません」と陳謝。

  

 一方で「ただ一点、今回、事実とは認められない報道が出てしまっていることに関しましては毅然とした態度で対応させて頂く所存です」と報道の一部内容を否定。今後については「以下の内容で新所属事務所様、弁護士団の皆様に対応して頂きます。何卒宜しく御願い致します」と記した。

 ブログでは所属事務所の移籍も発表。新事務所のアドレスがリンクで貼られており、サイト内で「報道記事の中では事実と異なる点がございますので、ここで改めてご報告申し上げたく存じます」「記事中にあるような『無理やり乱暴した』という事実は一切ございませんし、『男女の関係』もございません」と強調した。

 田中アナは2003年にフジテレビに入社し「とくダネ!」「スポーツ LIFE HERO's」などを担当。18年4月に退社し、フリーに転身した。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ