『リュウソウジャー』映画に森田涼花がゲスト出演「シンケンジャー初日を思い出した」


7月26日公開の映画『騎士竜戦隊 リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!』の追加キャストが14日、発表された。

追加ゲストキャストとして出演するのは、『侍戦隊シンケンジャー』(2009年2月15日~2010年2月7日放映)で、花織ことは/シンケンイエローを演じた森田涼花。恐竜博物館で働き、子孫を残すために婚活中のカナロ/リュウソウゴールド(演:兵頭功海)になんと求婚されるという役柄を演じる。ファン待望のスーパー戦隊シリーズへの再び出演となる本作に、森田涼花自身も「オファーを受けてうれしかったです。熱いエネルギーに溢れていてとても楽しい現場でした」と語った。
○森田涼花コメント

オファーを受けて嬉しかったです。シンケンジャー当時のみんなのことやスタッフさんのことを思い出して、今も変わらず楽しい現場なのかなぁ~と想像が膨らんで、早く現場に行きたいっと想いが募りました。実際現場では10年前のシンケンジャーの頃からお世話になってるスタッフさんもいて、上堀内監督はじめ熱いエネルギーに溢れていてとても楽しい現場でした。共演した兵頭さんはリュウソウジャーのクランクイン初日の撮影だったみたいで、初々しい姿を見れて「うちもシンケンジャーの顔合わせの時、緊張とワクワクで兵頭さんと同じようにどうにかなりそうやったなぁ」と思い出してました。スーパー戦隊との出会いは、仲間との絆が今も続くほどうちにとって大切だし、最近はデカレンジャーの皆さんと作品でご一緒させて頂き「スーパー戦隊」で繋がっていくご縁も実感しています。こうしてバトンが渡っていくって素敵だしうちもスーパー戦隊仲間として加われて幸せです。今年の夏は是非、劇場に足を運んで夏休みの思い出に映画観に来て下さい♪ よろしくお願いします。

さらに、『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の新映像も公開。今回の新映像はDA PUMPが歌う主題歌「P.A.R.T.Y. ~ユニバース・フェスティバル~」流れる軽快な映像の中で、ウォズが、自らを象徴するといっても過言ではないセリフ「祝え!」をまさかの3連発!「時空を超える、大冒険を!」「真の最終回を!」「王の誕生を!」とそれぞれ続く3つの「祝え!」では、戦国時代へとタイムトラベルする時空を超えた壮大なストーリー、「仮面ライダージオウ」の集大成としての本作、そして仮面ライダージオウ オーマフォームという劇場版オリジナルフォームにして新たなる王の誕生が表現されている。最後には仮面ライダーグランドジオウと仮面ライダーバールクスの激突が! 映画で展開される激しいを想像させる映像となっている。

劇場版「ジオウ・リュウソウジャー」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK EM・東映 (C)2019 テレビ朝日・東映 AG・東映

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ