ロンブー・田村淳が大物アーティストを口説く執念に驚愕 「付き合えたのがスゴイ」

しらべぇ

2019/7/14 10:20

BrazenBLVD/iStock/Thinkstock
芸能人宛てに届いた手紙を通して、意外な交友関係や知られざる素顔に迫るバラエティ番組『拝啓、芸能人さま~手紙がたくさん届いてます~』(フジテレビ系)が12日深夜に放送された。

ロンドンブーツ1号2号・田村淳をよく知る後輩からの手紙で、かつて世間を騒がせた大物アーティストとの交際裏話が暴露され、大きな話題を集めている。

◼暴露される女性問題


知人や学生時代の友人、先輩・後輩や業界関係者など、芸能人とゆかりのある人物がその芸能人に宛てた手紙を執筆。豪華声優陣が手紙を朗読し、その内容について語るのが同番組の主旨だ。

淳は漫画家・浦沢直樹や高校時代の友人、後輩芸人、はじめてのファンなどから手紙が届けられ、多くは女性問題や恋愛関係の暴露となっていった。

◼大物アーティストとの交際


高校時代の友人は、地元・下関に「淳が当時付き合っていた大物アーティストを連れてきた」日を振り返る。「相手が大物すぎて緊張した。地元の友達を紹介することで彼女に真剣交際をアピールしていた」と指摘した。

続いて、20年来の付き合いという後輩芸人・ニブンノゴの森本英樹は淳の「女性への執念」を明かす。

森本は、淳が「ある大物アーティストと付き合うためにまずは踊れる男になる」と考え、一緒にヒップホップダンスを習いに行かされたときは度肝を抜かされたと告白。そのときは連絡先も知らなかったのに、結果的に「本当にモノにしたのはスゴイ」とその行動力を絶賛した。

◼視聴者も反応


これまで多くの女性と浮名を流してきた淳。過去に交際していた大物アーティストといえば、先日引退した安室奈美恵のことだろうが、その裏話に視聴者も敏感に反応している。







「付き合うため、だけじゃない」と淳はダンスを習った経緯を否定したものの、これをキッカケに、大物アーティストを口説いたその手腕はさすがと言わざるをえないだろう。

◼モテるためには努力が必要?


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,664名を対象に調査したところ、全体の62.6%が「モテたいなら努力すべきだと思う」と回答した。



モテ芸人として知られる淳でさえ、モテることに胡座をかくことなく、ダンスを習うなど「さらにモテるための努力」を惜しまなかった。その姿勢は、多くの男性陣が見習うべきものかもしれない。

・合わせて読みたい→南キャン・山里亮太、蒼井優が交際2ヶ月でスピード婚 親友・天の声「すっぱ抜かれた」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年12月14日~2018年12月17日
対象:全国20代~60代の男女1,664名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ