東山紀之 ジャニーさん家族葬、遅れた城島、松岡のために棺戻し「会えてよかった」

 少年隊の東山紀之(52)が14日放送のテレビ朝日「サンデーLIVE!!」(日曜前5・50)に生出演。12日に都内の稽古場で行われたジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)の家族葬について語った。

 東山は、「城島と松岡はね、ちょっと遅れてきたんですね」と、TOKIO城島茂(48)と松岡昌宏(42)が遅れてきたと言い、「本当にみんな棺を持っていこうとしたんですけど、今から来るっていうんで、1回戻してお顔だけ見てもらって、ちょっと仕事で遅れたんですけどね、会えてよかった」と運ぼうとしていた棺を戻し、2人がお別れできたことを明かした。

 家族葬は、所属タレントやジャニーズJr.といった“息子たち”が設営から運営まで手掛けることにこだわって営まれ、約150人のタレントたちが参加。遺影の周りを、SMAPらの名が刻まれたプレートが囲み、会場にはコンサートさながらミラーボールが光り輝いた。スクリーンも用意され、ジャニーさんが手掛けたコンサートや舞台の映像などが流れた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ