激しいキスシーン後も一切心が動かない女優 相手役への想いをバッサリ否定

AbemaTIMES

2019/7/14 00:00

 AbemaTVにて、7月13日(土)よる11時より、『恋愛ドラマな恋がしたい3』のact.10が放送された。


 同番組は、バラエティの構成だけでなく、映画・テレビドラマの脚本・監督や舞台の作演出、作詞など、様々なジャンルで活躍する放送作家の鈴木おさむ氏が企画。ネクストブレイク期待の若手俳優の男女が、恋愛ドラマの撮影をしながら本当の恋をしていく新感覚の恋愛リアリティーショー。スタジオMCには、タレントの渡辺直美と、俳優の大野拓朗、お笑いコンビ・ジャルジャルの福徳秀介、今シーズンからの新メンバーとして出演する小森隼(GENERATIONS from EXILE TRIBE)、タレントの谷まりあを迎えた。

“共演者同士の恋愛”という禁断の恋愛に挑むのは、井上雄太(以下:ユウタ/28歳)、岩永達也(以下:タツヤ/29歳)、近藤廉(以下:れん/24歳)、平井亜門(以下:あもん/23歳)、山口葵(以下:あおい/20歳)、麻木玲那(以下:れにゃ/24歳)、川津明日香(以下:あすか/19歳)、さいとうなり(以下:なり/24歳)、前田悠雅(以下:ゆうが/20歳)の男女9人。 毎回、配られる台本は主役が決まっておらず、9人の男女はペアを組み、主役の座を目指す。さらに、その台本には必ずキスシーンがあり、オーディションで受かった1組のペアだけが実際にキスをすることになる。今シーズンは女性4名に対し、男性5名と1人多く、ペア決めで選ばれなかった男子はオーディションにも参加できないという地獄のルールが追加された。

最後のオーディションを前に、気になる相手と二人きりで話すことができる時間が設けられたメンバーたち。


 れんは、前回一緒にペアを組み、激しいキスシーンを演じたなりを呼び出し2ショットに。「なりちゃんとだったから変われたと思った」と合宿やペアとして過ごしてきた時間を通してなりに惹かれたことを告白し、「最後はなりちゃんとペアを組みたいなって思ってる」と再びなりとキスシーンを演じたいことを伝えた。


 しかし、なりは「前回のドラマで撮ってみて、私的には、れんくんはキスシーンを撮りたいだけ(に感じた)。自分の主演の。それこそひとりでお芝居をしていたんじゃないかなって思った」と前回のキスシーンを振り返り、「次はないっていうのは、知ってて欲しくて」とれんへ気持ちはないことをはっきりと明かした。

そんなれんとなりのやりとりには、スタジオメンバーも「なりちゃん全力拒否…」「これはすごいな」「れん自体もびっくりでしょうね、いけると思ってただろうから」と驚きの様子だった。

■番組情報
『恋愛ドラマな恋がしたい3』act.10
番組URL:https://abema.tv/channels/abema-special/slots/EpE9tazBESEevK


(c)AbemaTV

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ