なんとも絶妙なさっぱり加減! 男子の友情をうらやましいと思う瞬間4つ




しばしば「女子の友情は脆い」といわれますが、本当のところはどうなのでしょうか? 私はけっして脆いだなんて思っていませんよ! でも、男子の友情をうらやましいと思うことは多々あります。そこで今回は、男子の友情をうらやましいと思う瞬間をご紹介します。普段は子どもっぽいと思える男子が爽やかに見えるのはなぜ……?

1. ケンカをしても次の日には元通り

よく、男子が「女子のケンカは怖い」と言いますが、学生時代は「男子みたいに殴ったり大声で怒鳴ったりしないぶん、女子の方がマシに決まっている」と思っていました。しかし、男子の言う「怖い」というのは暴力性のことではなく、ケンカの質や期間についてだと悟ったのです!
確かに、男子のケンカはあっという間に始まり、ものすごいスピードで終止符が打たれます。基本的に、次の日はほとんどのケンカが終わっていて、元通りの関係に戻っているもの。このスピードは、ちょっと女子では考えられないですよね……。このスピード感に気付いた時、男子の友情がとても爽やかでキラキラしたもののように思えました。

2. 久しぶりに会っても一瞬で当時に戻れる



何年ぶり、何十年ぶりに会っても、一瞬で仲良しだった当時に戻れるのは素敵ですよね! 女子の場合は一旦近況を話し終わらなければ、どうしてもギクシャクした感じになってしまうものです。
まるで毎日会っているかのような話しぶりで、近況も聞かずに昨日のテレビの話なんかして。こんなふうに一瞬で昔の関係に戻れるなら、同窓会だからといって気合を入れる必要はないですよね。でも、これが本来の友情というものなのでしょう。お互いが今どうしているか、なんて気にしても仕方ないですもの!

3. 詳しい恋愛の話はしない

いくら仲のいい友達であっても、男子は好きな人の話や彼女の詳しい話はしないようです。恋バナが苦手な女子なら、男子のような楽な関係がうらやましく思えるでしょう。
大抵の女子は、親友ぐらい仲のいい女友達には彼氏との悩みを相談したり、愚痴を言い合ったりするものですよね。それで不安が解消されることも少なくありませんし、彼氏との関係を見直すきっかけになることもあります。しかし、実際は彼氏とのことを根掘り葉掘り聞かれて、疲れてしまうこともあるんですよね……。男子のあっさりした友情が、ちょっぴりうらやましい……。

4. 誕生日を覚えていなくてもいい



ずばり、女子イコール誕生日を大事にしたい生き物! 自分の誕生日は友達に祝ってほしいですし、友達の誕生日なら祝いたい! けれど、それも数が増えていくと結構大変なんですよね……。手帳を見て「忘れていた!」と慌てて誕生日プレゼントを選びに行っている時に、ふと「男子なら、友達の誕生日を無理して祝う必要はないのかも……」と思ってしまったことはありませんか?
どれだけ仲が良くても、男子は友達の誕生日どころか連絡先を知らないこともあるようです。それで友達と言えるのかと心配になりますが、そんな心配は無用。どうであれ、彼らが仲良しなことには変わりありません。

誕生日を祝うのが嫌なわけではないけれど、女子だって男子のような肩ひじ張らない友情がうらやましく思える日もありますよね!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ