指原莉乃『音楽の日』で「口パク」発言 中居正広は「マイクに電池が入ってなかった」とネタにできる余裕

TBS系大型音楽特番『音楽の日2019』が7月13日午後2時から放送されるなか、今回の目玉企画の1つ「中島みゆきの名曲『時代』をビートたけしの指揮で14番組から60名超が大合唱」について参加予定番組のMCたちがそれぞれVTRで意気込みを語った。するとバラエティ番組『坂上&指原のつぶれない店』の現場でインタビューした時のことだ。指原莉乃のカミングアウトにさすがの坂上忍も動揺してしまう。

『時代』の合唱について坂上忍が「さっしーがプロなんで」と答えると、指原莉乃は苦笑しながら「もうやめてくださいプロじゃないですよ…」と小声で返す。さらに「私『音楽の日』でどんだけ口パクしたことか」とぶっちゃけるのでスタッフから爆笑が起きた。まさかの「口パク」発言に、坂上も慌てて「やめろ!」と話題を制したほどである。

そのVTRについて『音楽の日2019』の司会進行を務める中居正広は何も触れなかったが、実は同日の正午から放送された『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)で彼がジャニー喜多川さんを偲ぶなか「マイクに電池が入ってなかった」というエピソードを明かしていた。

若い頃というからSMAP時代だろう、中居はよくステージでマイクをくるくる回すパフォーマンスをしていた。ある時、ミスってマイクを落としてしまったところ、床に当たって音がマイクに入るはずが「僕が落としても音が出なかった」という。

その時、ジャニーさんから「ユー何回もやっちゃだめだよ! ユーのマイクは入ってないんだよ!」と言われて、自分のマイクは歌っても音が出ないことに気づいたのである。念のためにマイクを開けて見ると電池が入っておらず、「ジャニーさん、俺のマイク電池も入ってないんだけど!」「せめて気分だけでも電池は入れてよ!」と訴えたそうだ。

折しも同日に「口パク」を明かすことになった指原莉乃と中居正広。しかし、本当はそれぞれ歌にこだわりを持っていることで知られる。

指原莉乃と言えば、AKB48に入る前からハロプロの熱いファンである。モーニング娘。をはじめハロプロは口パクでなく生歌パフォーマンスが基本だ。AKB48からHKT48に移籍した指原はメンバーにできる限り生歌にこだわるよう指導しており、HKT48のライブは生歌が基本となっている。もちろん彼女自身もシチュエーションに応じて口パクと生歌を使い分けていた。

一方、中居正広は「歌が下手」だと自ら話しているものの、ここぞという時にはいい歌声を聞かせてくれる。なかでも敬愛するマイケル・ジャクソンを追悼するため自ら「N.マッピー」として作詞・作曲に関わった『Memory ~June~』(アルバム『We are SMAP!』収録)は彼の声だから胸に響くものがある。

また、ミュージシャンの斉藤和義はかつて『SMAP×SMAP』に出演した際、中居正広の歌について「ショーケンさんとかそっち系の歌い方」「自信持った方がいいと思います」と語っていた。

指原も中居も自分の中ではしっかり「歌への熱い想い」があるからこそ「口パク」だとネタにできるのだろう。かえって中途半端にプライドを持っていては「口パク」に過剰反応してしまうのではないか。

『音楽の日2019』の中島みゆき『時代』大合唱で中居正広が歌うかは分からないが、指原莉乃が生歌であることをしっかり確認したい。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ