敏腕ホストクラブ経営者直伝、女性から聞くべき「31の質問」 テレ朝・林アナもメロメロに?

AbemaTIMES

2019/7/13 19:30



 『かみひとえ』の未公開映像がAbemaTVで配信され、歌舞伎町の敏腕ホストクラブ経営者に林美沙希アナが「ずっと一緒にいたい」と笑顔を見せた。

当番組では、博多華丸・大吉とココリコがダブルMCを務め、令和の“かみひとえ”スターを発掘する。今回のかみひとえさんは、27歳にして歌舞伎町にホストクラブ2店舗を構える経営者・IONさん。昨年の年商は2億円、今年の予想は4~5億円程度を予想しているという。


 番組でIONさんは、自身の経験から編み出した「31の質問」を紹介。質問に対する答えを分析した結果、女性のタイプを5つに分け、それに対する接客プランを提唱した。

「たとえばAタイプは“女王型”。他店でもたくさんお金を使った、ホスト業界に慣れ親しんでいる人。容姿が綺麗、もしくは有名人。人間関係において優位性が高いので『私の言うことを聞け!』みたいなタイプ。Aタイプの接客で大切なのは『なびかない、媚びない』こと。自分のいい接客を見せるだけで充分。ケンカになってしまったら、相手にもプライドがあるので、引くに引けなくなっちゃう。特にAタイプは包容力が大事」(IONさん)


 IONさんによると他にも、どのタイプにでもなれる「万能型」、警戒心が強くネガティブな「チワワ型」、担当を崇拝する“信者型”、ホストをエンタメと解釈しつつ実は乙女心を持つ「割り切り型」があるという。

番組では、実際に接客するIONさんにも密着。この日やって来たのは「万能型」の女性だ。もう一人のホストと一緒に席についたIONさんは「僕らにしか分からないあだ名をつけませんか?」と提案。「ピンキー」「はだこ」そして女性客には美人だからという理由で「ビジ」と名付けた。ネーミングセンスはさておき、オリジナルなあだ名を作ることで3人だけの世界観を作ることがポイントだという。
 序盤では女性に「なんで彼を指名したの?」など、質問を続けるIONさん。しかし、これもデータホスト・IONさんによると「女性を見極めるポイント」になるという。質問のやり方には前派生(雑談→質問)と後派生(質問→雑談)の2パターンがあるといい、「質問が続くと、尋問のようになってしまう。後派生でも素直に答えてくれる子は、警戒していない」と断言。女性客に警戒心がないことを確認したIONさんは、場を盛り上げ、5本のシャンパンを入れてもらうことができた。




 スタジオで今後の野望について質問されたIONさんは「ビジネスホテルを経営したい。東京オリンピック後に、安くなったところで買い上げたい」と告白。




 博多大吉が「IONくんが夢を語っているときの林さん(テレビ朝日・林 美沙希アナ)の表情見た!?『応援します!』と言わんばかり」と茶化すと、林アナは惚れ惚れとした様子で「なんかやっぱり……ずっと一緒にいたいなって」と笑顔を見せていた。

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ