見取り図・盛山、“流行語部門”で1位の言葉に喜び「正直、実感がありません」

AbemaTIMES

2019/7/13 18:29

 お笑いコンビ・見取り図の盛山晋太郎が12日に更新した自身のアメブロで、『2019年上半期インスタ流行調査』で自身が漫才で使う言葉が1位になったことを報告した。


見取り図 盛山晋太郎公式ブログよりスクリーンショット

この日、盛山は「先日、何やら意外なニュースが入ってきまして。」と書き出し、『2019年上半期インスタ流行調査』の結果が発表されたネットニュースの記事を紹介。

そこで流行語部門で1位になった『あたおか』という言葉は「頭がおかしい」の略で、見取り図が漫才日本一決定戦『M-1グランプリ2018』(テレビ朝日系)でも披露している。

このニュースを受け、盛山は「僕らの漫才で使う「あたおか」が1位!正直、実感がありません。きっと、あたおかを見取り図という生ゴミ芸人、がネタでやっていたという認識が、半数以上の人に無いからです」と述べるも「正直、別にそんなんはいいんです。なんであれ1位というのは嬉しいですね!」と喜びをつづった。

この投稿に読者からは「私もめちゃくちゃ あたおか 使わせてもろてます」「あたおかおめでとうございます~」「ほんっまに盛山さんのワードセンスは感心します」「あたおか初めて聞いたときめちゃくちゃ頭に残りました(笑)」などのコメントが寄せられている。

▶︎19歳元アイドル嬢が"夜のお仕事デビュー"!? 衝撃の1日に密着取材(Abemaビデオで配信中)

当記事はAbemaTIMESの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ