補正ガードルの効果と30~50代女性にうれしい3つの利点

アサジョ

2019/7/13 18:14


 大手肌着メーカーMARUKOの公式サイトによると、25歳過ぎからボディラインの崩れは加速していき、年齢とともにハリや弾力は低下していくそうです。そのため、ボディラインを美しく見せるためにガードルを着用する方も多いですよね。実は、ガードルにはボディラインの補正効果だけでなく、他にも数多くの利点があるってご存知でしたか?

■内臓脂肪の減少

広島大学の研究によると、ガードルを着用するだけで脂肪が刺激され、内臓脂肪が通常よりも燃焼されやすくなるのだとか。

■姿勢矯正

ガードル着用によって姿勢がよくなると、見た目が凛と美しく見えるだけでなく、引き締め効果から筋肉量が増えて代謝がアップするそうです。

■形状記憶

ガードルの締め付けにより、皮下脂肪が凝縮して体形が形状記憶されるので、脱いでもラインが崩れにくくなります。

これだけの効果が期待できるとは驚きですよね。では、これらの効果を得るにはどのようなガードルを選べばよいのでしょうか。美容に詳しいモデルのAさんにお話を聞きました。

「まず第一に、サイズの合ったものを選ぶことが大事です。苦し過ぎたり、身体に食い込み過ぎたりしてしまうものは、血流が悪くなって具合が悪くなる可能性があるので、『ちょっとキツイかな』くらいのものがオススメです。そして下腹部をすっぽり覆うタイプがお腹の脂肪に効果的で、キュッとくびれたウエストが手に入ります」

ぜひ、普段の生活に補正ガードルを取り入れて、引き締まったボディラインを目指してくださいね。

(佐藤ちひろ)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ