14 Issue:Martin Schüler (“GUSTO” Journalist/Interviewer)

NeoL

2019/7/13 17:00



年齢は単なる数字であって、オトナになるという境界線は人ぞれぞれ。定義できないからこそ、誰もが答えを探している。多感で将来のことを考え始める14歳の頃、みんなは何を考えて過ごしたのか?そんなファイルを作りたいと始まった「14歳」特集。東京、NYに続くベルリン編には、年齢やバックグラウンド、仕事の異なる個性豊かな15名をピックアップ。高校生3名に続く4本目は、オンラインカルチャーマガジン「Gusto - Ablass für Massenkultur(以下、GUSTO)」より若きジャーナリスト兼インタビュアーのマーティン。幼い頃からギターロックとジャーナリズムに夢中な彼は今、ドレスデンとベルリンを拠点に新しいメディアのかたちを提案している。(→ in English)

ーーこんにちはマーティン!まずはじめに自己紹介してください。

マーティン「オンラインマガジン『GUSTO』のマーティン。主にポップカルチャー、オルタナティヴ・ギターロック・ミュージック、シアター、文学関連のジャーナリスト兼インタビュアーをしているよ」

ーー14歳のときはどんな子でしたか?

マーティン「当時は少し憤りを感じてた。というのも僕が住んでいた東ドイツの小さな村は政治の問題があって、ナチスのような極右がいたんだ。それに学校ではみんなが僕のこと理解できないと感じてたし、ほとんどの人が僕を好きじゃなかったと思う。僕もみんなのことが好きじゃなかったんだけど。そんな僕にも親友が2人いて、1人は今一緒に『GUSTO』を運営してるアダム(Adam Gräbedünkel)なんだ。彼は小学校から知ってるよ」

ーー14歳のときにどんな24時間を送っていたか、円グラフに書いてみてください。



ーーでは、14歳のときにどんなことを考えていましたか?



ーー当時の思い出でよく覚えていることがあれば教えてください。

マーティン「初めてお酒を飲んだこと。まだ若かったしひどくお酒に弱かったから、ビール2本で見事に酔っ払ったよ。あの頃はまだ思春期からほど遠かったと思う。それに体重もまだ40キロしかなかったんだよね(笑)!お母さんがとても厳しくてお酒が嫌いな人だから、こっそり親友たちと週末飲んでて。とにかくこのときみたいに酔っ払うことはもうないかな、あれはひどくて最高だった。この感覚にハマったんだよね」

ーー14歳のときに抱いていた夢は何ですか?

マーティン「実は政治家、首相になりたかった。村のナチス問題の影響で政治に興味があったんだ。よくドイツの新聞『ZEIT』の政治・文化記事を読んでたよ。だから政治ジャーナリストにもなりたいと思ってた。14歳から18歳にかけて、徐々に政治からカルチャーに興味が移ったんだけど、当時はかなり政治にのめり込んでたね」



ーーそうなんですね。どのように『GUSTO』を始めたのですか?

マーティン「2018年1月、ちょうどアダムが大学のプロジェクトを一緒にやろうと僕に持ちかけたんだ。大学の外にも広げたいってことでね。それからフォトグラファーのノエル(Noel Lichter)も加わって、正式にスタートしたよ」

ーー『GUSTO』はテキストよりもビデオに力を入れている印象です。なぜあえてビデオインタビューなのですか?

マーティン「僕はカメラが好きし、カメラの前にいたりビデオで自分の姿を見たりしたいんだ(笑)!とにかくテキストよりインタビュー対象者を見たいからビデオインタビューの方が好き。僕らは何か新しいことをやる必要があるし、他のメディアとは違うことをしなきゃいけない。テキストだけのメディアはたくさんあるからね」

ーー年齢や知名度を問わず、さまざまなアーティストが特集されている『GUSTO』ですが、ネットワークはどうやって作ったのですか?

マーティン「運よく発足当初からたくさんの人に好かれてるんだ。例えば『GUSTO』発足前から知ってる唯一のバンド、アイソレーション・ベルリン(Isolation Berlin)。それからダゴベルト(Dagobert)、ドラングザル(Drangsal)とか。彼らは連絡先を教えてくれて、後にインタビューしたんだ。そんなこともあって僕らのネットワークはとても早く広がったと思うよ。新しいコンテンツを持っているから、たくさんのアーティストたちが僕らのこれからを信じてくれる」

ーーそもそも『GUSTO』とはどういう意味ですか?

マーティン「イタリア語で”テイスト”。大きな意味はないんだけど、響きが好き」

ーー『GUSTO』を始めてよかったこと、大変だったことはありますか?

マーティン「新しい人たちや友達からたくさんのことを学べるのはいいことだね。それに自分たちで始めたから、自分の本当にしたいことができる。一方でとてもストレスフルだよ。自宅のあるドレスデンとベルリンを移動しなければいけないしね。難しいと感じることもあるけど、自分の仕事が好き」

ーーこれまで会社やマガジンで働いたことはありますか?

マーティン「うん。『DRESDNER Kulturmagazin』で半年くらいインターンシップをしたよ。ミュージシャンやアーティストたちにインタビューしたんだ。あの頃も本当によかったなぁ。一日中タバコを吸ってたり、自分の好きなときに出退勤したりするオールドスクールなジャーナリストたちがいたんだ。地元の素敵なジャーナリスト、ハインツとヤナによろしく!その後に『GUSTO』を始めたんだ。インターンシップの前は大学で哲学と社会学を2年間勉強したけど、途中で辞めたよ」



ーー今は次のステップに進んでいるのですね。14歳のときに影響を受けた、大好きだったものはありますか?

マーティン「ザ・リバティーンズが好きだった。好きなアルバムは1stの『Up the Bracket(2002)』なんだけど、好きな曲は2ndアルバム収録の”Music When The Lights Go Out(2004)”。CDでよく聴いてた。アダムがお父さんの影響で音楽に詳しくて、彼によく音楽のことを教えてもらったよ。あとドイツのテレビ局『ARTE』を見るのが好きだった。アートやカルチャーに関する素晴らしい番組を放送してるんだ。インディペンデントのアートハウス系やオードリー・ヘップバーンが出演してるようなクラシック映画とか。もちろん音楽もね。さっき話したように僕は東ドイツの小さな村出身だから、テレビを見て外の世界の情報をインプットすることが大事だったんだ」

ーーいま14歳を生きている人たちに伝えたいメッセージはありますか?

マーティン「”Alles wird gut(すべて上手くいく)”。アイソレーション・ベルリンの”Lisa(2014)”に出てくる歌詞なんだ。14歳の頃には聴けなかったんだけど、これが僕から今を生きるユースたちへのメッセージ」

ーー自分でメディアを始めたいと思っているユースに何かアドバイスはありますか?

マーティン「他のマガジンとは違う何かが必要。特別なものも必要だし、自分自身が特別でないといけない。人に礼儀正しく、でも礼儀正しくなりすぎないように。大事なことだよ」

ーー最後に何かお知らせがあればどうぞ。

マーティン「『GUSTO SALON』っていうトークショーを計画してるんだ。クラシカルで20年代の美学を詰め込んだようなものになるよ。あと来年は夏フェスか冬フェスをする予定。ウェブサイトとインスタグラムをぜひチェックしてみて!」







photography Tereza Mundilovátext Yukiko Yamane

Gusto - Ablass für Massenkulturwww.gustoonline.de@gustoablassfuermassenkultur:https://www.instagram.com/gustoablassfuermassenkultur/

(This interview is available in English)


Age is just a number and there is no clear definition of being what is an adult and every person is different. We can’t define it, so everybody is looking for their own answers in life. 14 is a sensitive age. It’s when you start thinking about your own future, so we wanted to make a series of age 14. After the Tokyo and New York issue, we selected 15 people in Berlin who have very diverse background, different ages and professions for 14 Issue in Berlin.After three hight-school students, the forth interview is Martin from online culture magazine “Gusto - Ablass für Massenkultur (GUSTO)”. He’s into guitar rock music and journalism since his childhood. Now he is based in Dresden / Berlin and presents a new style of media today.

—Hey Martin! Please introduce yourself at first.Martin: I’m Martin from the online magazine “GUSTO”. I’m a journalist and interviewer in the fields of mainly pop culture and alternative guitar rock music as well as theater and literature.

—Could you tell us about yourself when you were 14 years old?

Martin: I was a bit angry in those days because the small village in East Germany where I lived had a problem with the far right, even Nazis. Also I felt people didn’t understand me at school and most of them didn’t like me, but I didn’t like them too. I had two good friends in my village. Besides, I already knew Adam from the school who works together with me on „GUSTO“ today.

—What did you do in those days?



—What did you think about at age 14?



—Please tell us your most memorable moment at age 14?

Martin: My first experience of drinking alcohol. I really drank only 2 beers because I was still young and extremely lightweight. At that time, puberty was still far away for me. I put around 40 kilos on the scale back then, haha! My mother is very strict and hates alcohol, so I secretly drank with my friends on the weekend. Anyways I think I never got drunk like this one time, it was horrible and great. Something about the feeling has charmed me.

—What did you want to do when you were14 years old?

Martin: I wanted to be a politician, Chancellor actually. I’m very interested in politics because of the Nazi problems in my village. II often read the German newspaper “ZEIT” especially articles about politics and culture. That’s why I wanted to be a politic journalist too. My interests shifted from politics to culture between the age of 14 to 18. However I was very into politics in those days.



—I see. How did you start “GUSTO”?

Martin: In January 2018 Adam had a university project and asked me to work on it together because he would like to do it outside of university. After that Noel Richter, who’s a photographer joined and we officially started “GUSTO”.

—I think ”GUSTO” focuses on video rather than text. Why you do especially do video interviews?

Martin: I like the camera and want to be in front of it and see myself in the videos, haha! Anyway I like video interviews more than just written interviews because I wanna see the interviewee. We need to do something new and different from the other media. There are so many media which feature only text interviews.

—You feature many artists. How did you make a network around “GUSTO”?

Martin: Luckily since the beginning there were a lot of people who liked us. For example Isolation Berlin, who were the only band I already knew before we started “GUSTO”, then Dagobert, Drangsal etc… They gave us their contacts and we started interviewing them. Our network is growing quite fast. We have a different content, so many artists believe that we have a great future ahead of us.

—However what is the meaning of “GUSTO”?

Martin: It means “taste” in Italian. It doesn’t have any special meaning, but I like the sound.

—What good and bad things have happened to you since you started “GUSTO”?

Martin: I can learn a lot of things from new people and friends, which is good. Also I can do what I want really because we started it by ourselves. On the other side, it’s really stressful. I often have to move between Berlin and Dresden where I live. Sometimes it’s a bit difficult, but I like my work.

—Have you ever work as a journalist at company or magazine?

Martin: Yes. I worked as an intern at “DRESDNER Kulturmagazin” for a half year. I did interviews with musicians, artists and so on. It was a really great time too - these were old-school cultural journalists who smoked all day and came and went when they wanted. Lovely local journalists, greetings to Heinz and Jana! I started “GUSTO” after that. Before this internship, I studied philosophy and sociology at university for two years, but stopped eventually.



—It sounds like you are making your next step now. What inspired you at age 14?

Martin: I liked The Libertines. My favorite album was their 1st “Up the Bracket (2002)”, but my favorite song is “Music When The Lights Go Out (2004)” from their 2nd album. I often listened to them on CD. Adam gave me a big musical input, which in turn was influenced by his father. I also really liked to watch the German TV station “ARTE”. They have great art and culture programs and Independent art-house films or classics like the old movies with Audrey Hepburn and stuff. Music as well. As I told you I lived in a small village in East Germany, so it was important to me to watcht his stuff and get some input from the outside world.

—Do you have any message to the people who are 14 years old?

Martin: Alles wird gut (Everything gonna be fine). It’s a part of the lyric of “Lisa (2014)” by Isolation Berlin. I didn’t listen to it when I was 14, but it’s my message to the youth of today.

—Do you have any advices you would give to youngsters who want to start their own media?

Martin: You need something that is different from other magazines. You need something special and have to be special yourself. Be polite to the people, but don’ be too polite. It’s important.

—Do you have any upcoming news that you want to share to the readers?

Martin: I’m planning a talk show called “GUSTO SALON”. It’s supposed to be very classic in the style and aesthetic of the 1920’s. Also we plan to do a GUSTO summer or winter festival next year. Please check our website and Instagram!







photography Tereza Mundilovátext Yukiko Yamane

Gusto - Ablass für Massenkulturwww.gustoonline.de@gustoablassfuermassenkultur:https://www.instagram.com/gustoablassfuermassenkultur/

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ