一足先に「iOS13ベータ版」をインストールする方法


Appleは先日、iOS 13ベータのセカンド(デベロッパ向け)バージョンをリリースしました。

多くのバグ修正のほか、メモ帳のチェックリストの並べ替え、新しいアニ文字ステッカー、自撮りモード中の明るさを調節するスライダー、サブスクリプションアプリの削除時に契約解除を確認してくれる機能など、数々の新機能が含まれます。

いずれも素晴らしい機能ですが、iOS 13デベロッパ向けベータ2の最大の売りは、なんといってもそのインストール方法が容易なことでしょう。

AppleはiOS 13パブリックベータまではインストールに注意を呼び掛けているものの、この最新版は少なくとも、ファーストバージョンに比べてバグが少ない(かつ少し速い)ような気がします。

ただし、誘惑は強いものの、やはりメインデバイスへのインストールはおすすめしません。

iOS13 ベータ版のインストールは簡単になった

kcd2pardvaptgn3yeoby-1
Image: Lifehacker US

前回のアップデートは、.IPSWファイルをダウンロードし、そのイメージを使ってiTunes内でiPhoneやiPadを復元して…、という複雑なプロセスが必要でした。

でも今回は、シンプルにiOS13デベロッパ向けベータプロファイルをインストールするだけで済みます。

つまり、システムアプリから直接アップデートが可能なので、前回とは比べものにならないほど楽ちんです(アプリや設定の復元作業も不要です)。

前回の複雑な方法でベータ版をインストールした人にとっては、これがiOSベータアップデートを自動で受信できるようにする唯一の方法です。

なぜなら前回はベータプロファイルをインストールしていないので、デバイスが現在ベータ版を走らせていることを自覚できず、Appleにアップデートをピングしようとしないためです。

iOS13 ベータ版のインストール手順


ということで、手順を紹介します。

手順▼
  1. まず、iOSデバイス上でSafariを立ち上げ、betaprofiles.comを開きます。
  2. 「iOS13 + iPadOS」セクションを見つけたら、青いダウンロードボタンをクリック。
  3. インストールしようとしているベータプロファイルの承認を求められるので、許可します。
  4. ダウンロードが完了したら、「設定」「一般」「ソフトウェア・アップデート」から、iOS13の新バージョンをダウンロードおよびインストールできるようになります。

以上、それだけで完了です。 ただベータ版ですので、不具合のある可能性があります。どうしてもダウンロードしたい場合は、メイン機ではなく、サブ機を使いましょう。

あわせて読みたい

Image: nikkimeel/Shutterstock.com

Source: Apple

David Murphy - Lifehacker US[原文

当記事はライフハッカー[日本版]の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ