杉浦太陽、辻希美との“夫婦円満の秘訣”が話題「夫しても父としても満点」

モデルプレス

2019/7/13 15:59

【モデルプレス=2019/07/13】タレントの辻希美と俳優の杉浦太陽夫婦が、13日に放送された日本テレビ系バラエティ番組『メレンゲの気持ち』(毎週土曜ひる12時~)に夫婦で出演。過去の夫婦の危機や夫婦円満の秘訣を語った。

◆辻希美&杉浦太陽、夫婦の危機乗り越えたきっかけ



小学6年生の長女、3年生の長男、1年生の次男、6ヶ月の三男を持つ大家族になった2人。結婚13年目の今でも変わらずラブラブなおしどり夫婦として知られており、放送では辻が撮影した自宅での日常風景がVTRで紹介された。

VTRを見て「本当に良い家族!」と目を細めた司会の久本雅美は、過去の夫婦の危機について質問。結婚当初は辻が育児でストレスを抱えている中、お互いプライドで謝れず何度も喧嘩をしたそうだが、あるとき辻が「せっかく一緒にいる時間なのに喧嘩したらもったいない」と自分のプライドを抑えて歩み寄ったことで、杉浦も「やるな」と感心したといい、「下手なプライドは玄関に捨てようと思った」と誓ったそう。

それまでは家を出るほどの喧嘩もあったが、5年位経ってバランスが掴めるようになり喧嘩がなくなったといい、杉浦は「妻は(気持ちが)0か100のタイプ。結婚したときは100だったけど喧嘩が続くと0になる。それでこっちが追いかける側になった」と結婚してからより辻の気持ちをキープするために努力するようになったことを明かした。

◆辻希美&杉浦太陽、夫婦円満の秘訣がすごい



また、お互いを異性として意識続ける秘訣として、杉浦は「イベントごとは絶対する」をあげ、結婚記念日、入籍記念日、良い夫婦の日、愛妻の日など、イベントの日はどんなに忙しいときでも欠かさずにお祝い。「子供は無償の愛だけど、ここ(夫婦)は他人なので、気持ちが冷めないように毎回着火点はつける」とその理由を説明した。

さらに、夫として心がけていることとして「言われたことはすぐ動く、妻ファースト」と話し、過去に自分が家事をしても辻のタイミングと合わなかったため喧嘩になったことをきっかけに、分からないことは何でも聞くように。それを数年続け、「妻の流れが読めてくる。のん(辻)は自分のことじゃなくて子供の動きに会わせてルーティンを作ってるってようやく見えた。そこで初めて自分の動きが作れる」と育児も家事も辻を思いやり、自分のできることを探していると持論を語った。

夫婦円満の秘訣にネット上でも「杉浦太陽くん良い夫!」「夫しても父としても満点」「素敵な夫婦だ~」「2人の努力の賜物だな」と絶賛の声があがっており、大きな反響を呼んでいる。(modelpress編集部)

情報:日本テレビ

【Not Sponsored 記事】

当記事はモデルプレスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ