サンプラザ中野くん仰天 天才少女ドラマーのスティックさばき

 小学4年生の少女ドラマー、よよか(9)が13日放送のTBS「音楽の日」に生出演。サンプラザ中野くん(58)と特別共演し、爆風スランプの「Runner」で華麗なスティックさばきを披露した。

生放送番組での腕前披露は「ちょっとあります」と、はにかんだ後、ドラムスセットへ。総合司会の安住紳一郎アナウンサー(45)は「周りのバックミュージャンたちも興味津々に見入っています」と注目度の高さを実況した。

 北海道石狩市在住。ドラムは1歳から始め、4歳でライブ活動を開始。父母らとの家族バンド「かねあいよよか」で幼稚園在籍中の6歳で第一弾CDをリリースした。作詞、作曲、ボーカル、ピアノも担当。第2回スーパーキッズパフォーマンスコンテスト小学校低学年の部で優勝。世界的な女性ドラマー限定のコンテスト「Hit Like A Girl 2018」の18歳以下の部では史上最年少の8歳でウイークリーチャンピオンに。Led Zeppelinの「Good Times Bad Times」をカバー演奏した動画は、米ローリングストーン誌やビルボードで特集された。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ