中居正広 ジャニーさんからまさかの注意「ユーのマイクは入ってないんだよ!」

 タレントの中居正広(46)が13日放送のテレビ朝日「中居正広のニュースな会」(土曜正午)に出演。9日に87歳で亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長から怒られた“らしい”エピソードを明かし、スタジオを笑いに包んだ。

 ジャニーさんから教えてもらったことを話す中、「僕は歌いたいじゃないですか」と切り出した中居。「歌う時に、僕はアドリブでマイクをクルクルッて回して、クッて持って、パッとやって、パーンとか、格好つけたい時期があった」と明かし、「クルッて回ってカンカンてやりたいんだけど、それは決まると気持ちいいんです。調子こいて何回もやるんですよ。ある時に、マイク落っことしちゃったんです。取り損ねちゃった。よくないなって、照れ笑いしながら、また踊ったりするんだけど、そのオンエアが終わったら、ジャニーさんに怒られまして」と振り返った。

 ジャニーさんからはこれまでも「違うことを考えながら積み重ねなさい」と教えられていたため、同じことを何度もくり返したことを怒られると思った。ところが、ジャニーさんからの注意は「ユーのマイクは入ってないんだよ!」とまさかの言葉だったという。「落とせば、本来ならば音が出るはず。でも、僕(のマイク)が落ちても音がしなかった。『ユー、何回もやっちゃダメだよ!ユーのマイクは入ってないんだよ!だから回しちゃダメだ!』って」とジャニーさんの言葉に驚いたことを明かした。

 中居は「(自分はマイクのスイッチが)入っていると思って歌ってますよ」とガックリ。そんな爆笑エピソードに、スタジオからは「聞きたいエピソードはそれじゃない」とツッコミが入る一幕も。それでも、中居は「『ユー、回しちゃダメ』じゃないんだよ。『ユー、入ってないんだよ』だよ。『ミュージックステーション』です」と同局の音楽番組の名前を挙げ、笑わせた。中居は「それから気になっちゃって、自分のマイクが入ってないか、本番前にこうやって(マイクを叩いて)も入ってないの。俺のだけスゲー軽いから、電池も入ってないの。『ジャニーさん、電池も入ってないんだけど』って。俺は気分だけ、『電池は入れておいてください!』って言った」とオチをつけた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ