美容サロンでのキャッシュレス決済、どのジャンルを希望する?


リクルートライフスタイルは7月11日、「美容サロンにおけるキャッシュレス決済」に関する調査結果を発表。調査は6月24日~26日、1年以内に美容サロンを利用した経験のある20~49歳の男女1,344名を対象にインターネットで行われた。

はじめに、「美容サロンでキャッシュレス手段を利用することがありますか?」と質問したところ、43.2%が「利用する(よく+たまに)」と回答。美容サロンでキャッシュレス決済を「利用しない」という人は46.9%だった。

キャッシュレス決済ができず不便に感じた経験があるかを尋ね、美容サロンのジャンル別に集計した結果、「ある(よく+たまに)」の回答割合が最も高かったのは「ネイルサロン」で53.7%。次いで「アイビューティーサロン」(48.7%)、「リラクゼーションサロン」(43.1%)と続き、最も低い「ヘアサロン」でも約3割(32.8%)が不便さを感じる結果となった。

次に、「美容サロンでキャッシュレス決済が利用できるようになれば、もっと物販の購入やメニューの追加がしやすくなると思いますか?」と聞いたところ、4割以上(41.2%)が「思う(とても+やや)」と回答。また、「思う」の割合が最も高かったのは「ネイルサロン」で56.4%、最も低かったのは「ヘアサロン」で39.6%だった。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ