アーティスト永戸鉄也、初の試みとなる花をテーマにした作品展をEW.Pharmacyで開催

NeoL

2019/7/13 12:14



永戸鉄也による個展「KASHIKA」が開催。

会場は「エデンワークス(edenworks)」のフラワークリエイター篠崎恵美が運営するドライフラワーショップ「EW.Pharmacy」で、会期は7月6日から21日まで。

永戸鉄也は、1970年東京生まれのアートディレクター/ムービーディレクター。「アンダーカバー(UNDERCOVER)」のブックをはじめ、アーティストのジャケットデザインやミュージックビデオをディレクションするほか、展覧会キュレーションも行うなど多岐にわたって活動。何もしなければ捨てられしまう多くの本を貼り合わせることで、違う物へ作り替えて残したいという思いからコラジューを生み出し続けている。

本展は、永戸にとって初の試みとなる花をテーマにした作品展。

廃棄される生花を捨てずに再生できる場所としてedenworksがスタートさせたドライフラ ワー専門店 ”EW.Pharmacy” の哲学に共感し、23点からなるコラージュ作品を展示。目には見えない何層もの紙で作られた作品の前に立つと、花として美しく生まれ変わったコラージュの紙の中に隠された物語を可視化したくなる感覚を味わえる。なお、会場では作品の販売と合わせ、KASHIIKAオリジナルPost Flower、インテリアやファッションとしても使用できる“Flower-down Piece”、また通常のEW.Pharmacyの商品の販売も行う。

個展「KASHIKA」期間:2019年7月6日(土)~7月21日(日)場所:EW.Pharmacy住所:東京都渋谷区富ヶ谷1-14-11

当記事はNeoLの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ