肉フェス軽井沢、肉×炭水化物メニュー初解禁 “飲めるハンバーグ”も丼にアレンジ

モデルプレス

2019/7/13 11:38

【女子旅プレス=2019/07/13】日本国内外の肉料理が一同に集結するフードイベント「肉フェス KARUIZAWA 2019」が、2019年8月10日(土)~8月14日(水)、軽井沢・プリンスショッピングプラザにて開催。軽井沢では初めてとなる肉+炭水化物メニューが提供される。

◆軽井沢「肉フェス」でも炭水化物メニューを解禁



本開催では、これまで軽井沢で提供されていない炭水化物メニューを解禁。「肉フェス」が新たに提案するブランド牛の肉丼、不動の人気を誇るカレーライス、ヘルシーな肉麺、肉パスタなどボリューム満点のアレンジメニュー全10品が集結する。

◆おすすめ炭水化物メニューを先取り



例えば「肉処 天穂」からは、国内最高峰の宮崎牛を使用するステーキ丼が登場。一口食べたら虜になる、白米との黄金タッグがたまらない一品で、味付けはわさび醤油でシンプルに。甘みのあるタレと京都のだし汁が肉の旨みをさらに引き立てる。

目黒・都立大学のイタリア料理店「リストランテ ツヅキ」は、創業時から愛され続ける国産牛のボロネーゼで参戦。

宮崎で愛されるソウルフード辛麺とA5ランクの国産和牛がコラボレーションした肉麺は「食べ処 かいか」から。ヘルシーなこんにゃく麺を使用するため、カロリーが気になる女性にも嬉しい一品だ。

さらに、肉フェス名物としても名高い「飲めるハンバーグ」は、特製デミグラスソースにチーズをトッピングして、白米にのせたアレンジメニューで参戦決定。スイーツにはまるで綿雪のようなふわふわ食感が楽しめる「北の綿雪」の新感覚かき氷も提供される。(女子旅プレス/modelpress編集部)

◆出店店舗一覧


チキンケバブ <EFE KEBAB >
牛ハラミのライスボール <表参道Lounge 1908 >
極うま牛タン飯 <銀座WORLD DINER >
鳥取和牛炙り寿司 <炭火焼肉 いまがわ >
宮崎牛辛麺 <食べ処 かいか >
厳選福島牛 肉の孤島カレー <壽家 >
宮崎牛大トロステーキ丼 <肉処 天穂 >
飲めるハンバーグの特製チーズデミグラス丼 <飲めるハンバーグ >
極み 牛ひつまぶし丼 <Hamburg-ハンブルグ->
信州福味鶏 ジューシーもも唐揚げ/信州ポーク100%ソーセージ(2種) <MEAT STAND >
リストランテツヅキのボロネーゼ <リストランテ ツヅキ >
綿雪(いちご/マンゴー/チョコ/ミルク) <北の綿雪>

◆肉フェス KARUIZAWA 2019概要


開催期間:2019年8月10日(土)~8月14日(水)
営業時間:10:00~19:00
会場:軽井沢・プリンスショッピングプラザ内 肉フェス特設会場(長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢)
料金:入場料無料(飲食代別途) ※食券(700円/枚)、電子マネー利用可

【Not Sponsored 記事】

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ