本当に好きなの? “好きだけど付き合わない”に隠された本音




告白を「好きだけど付き合わない」と断ることについて、みなさんはどう思いますか? 好きなら付き合えばいいのでは? と思う一方で、何かのっぴきならない事情があるのかもしれない、と状況を飲みこもうとする気持ちが交差し、なんだか心がモヤモヤしますよね。では、この“好きだけど付き合わない”に隠された意味とは一体なんなのか、その本音を聞いてみました!

悪者にならない断り方をしたい

「ごめんって断ると相手が傷つくから、好きだけど付き合わないって言うと自分が悪者にならないような気がして言ったことがあります。実際はそのほうが傷つくよね……」(30歳/営業/男性)

▽ はっきり断られて傷つくのはその時だけで、好きだけど付き合わないと言われてしまったら諦めきれなくなりますよね。保身のためだけに嘘をつくというのはなんとも残酷です。

他にも気になる人がいる



「好きっていうのは本当。でも他にも好きな人がいるから付き合うのは無理。2人好きな人がいるってことは、どっちもそんなに好きってわけじゃないと思うし」(32歳/アプリ関係/男性)

▽ 好きな人が定まっていない状態で付き合われるのはこちらとしても嫌ですし、好きな人が複数いるから付き合わない、というのはある意味誠実なのかも……? ですが、それなら「好きだけど」と言わないでほしい。やはり誠実とはほど遠いですね。

キープしておきたい

「はっきり断ると、その子は切り替えちゃうじゃないですか。好きだけど付き合わないって言えばとりあえずキープできるかなみたいな」(29歳/飲食業/男性)

▽ モテている自分に酔っていたいんですね。キープされる側はたまったもんじゃないですが、人に好かれる喜びを知ってしまうと、わざわざ離れていくような言葉を言えなくなってしまうのかもしれません。

都合のいい関係のままでいいから



「友達以上恋人未満の関係が一番面倒事ないし、一番楽だから。断ったらその時点で終わりだけど、濁す感じで断れば近い距離で今後も付き合っていけるので」(28歳/SE/男性)

▽ こっちは真剣に付き合いたいのに、人の気持ちをなんだと思っているんでしょうか。ここまで不誠実な人を好きになった自分がバカらしく思えてきますよね。お互いが友達以上恋人未満の関係で満足しているなら問題ないかもしれませんが、真剣な人に対してする行動ではないですよね。

まとめ

“好きだけど付き合わない”の本音は聞きたくないものばかりでしたね……。好きなら待ってみよう、という考えは捨てて、自分のためにも新しい恋に向けて歩き出したほうがよさそうです。今度好きになる人は、断る時はきっぱりと断る、男らしい男性でありますように……!

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ