平間壮一主演、Coloring Musical『Indigo Tomato』 色鮮やかな全キャストビジュアル&キャストスケジュールが発表

SPICE

2019/7/13 12:00


2019年11月10日(日)~11日(月)福島・いわきアリオス小ホールでのプレビュー公演を皮切りに、札幌、大阪、福岡、石川、東京で上演されるColoring Musical『Indigo Tomato』。本公演の全キャストビジュアル&キャストスケジュールが発表された。

本公演は、自閉症スペクトラムなどの障害がある一方で、記憶や芸術面などで突出した才能を持つサヴァン症候群の青年と、その家族や友人など青年を取り巻く人々との物語。作・演出はオリジナルのショーシリーズ作品“SHOW-ism”を生み出した小林香。そして、主演は2018年5月の初演に引き続き平間壮一が務める。そのほか大山真志、安藤聖、剣幸・彩吹真央(Wキャスト)が共演。さらに、長江崚行、大山とのWキャストとして川久保拓司が出演する。
【あらすじ】
サヴァン症候群で“共感覚”をもつ青年タカシ(平間壮一)は、数字や記憶に突出した能力を発揮するも、コミュニケーションが苦手でもっと外の世界と関わるようにと言われている。そんな兄のために様々なことを諦め、働きながら生活を支える弟マモル(長江崚行)。タカシは毎日10時01分に植物公園のカフェの店員アヤ(安藤 聖)が作るトマトジュースを飲むことが日課になっていた。アヤとの交流によって外の世界を知り始めるタカシ。
ある日人気クイズ番組の司会者ユーゴ・オブライエン(大山真志・川久保拓司)が脳科学者の先生(剣 幸・彩吹真央)を伴ってやってくる。タカシは才能を見いだされクイズ番組への出演を持ちかけられる。最初は拒むタカシだが……。

発表された全キャストビジュアルは、本作品が目指す“みんながHappyになれるミュージカル”というテーマに沿った色鮮やかなもので、風を感じているキャスト達の表情にも注目したい。新たな顔ぶれが揃い、バージョンアップした本公演に期待が高まるばかりだ。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ