関ジャニ・丸山「めっちゃ幸せ。ジャニーズ事務所のタレントって一生自慢できますもん」

 関ジャニ∞の丸山隆平(35)が13日、MCを務めるTBS系「サタデープラス」(土曜前8・00)に生出演。くも膜下出血のため9日に亡くなったジャニーズ事務所のジャニー喜多川社長(享年87)への思いを語ったほか、前日12日に営まれた家族葬の模様を語った。

 この日、丸山はツアー先の北海道からの中継で番組に参加。訃報を知った時の状況を聞かれ、「プライベートの時間の時に、(午後)9時すぎにマネジャーさんから報告を受けまして、今からジャニーさんに会えますか?みたいなことで、すぐ飛んでいきまして、ジャニーさんに会って、一声かけました。それぞれタレントもグループごとに来たりして、ジャニーさんにあいさつしたりとかしてました」と当日の様子を明かした。

 あらめてジャニーさんへの思いを聞かれ、「正直、電話で聞いた時だったり、実際にジャニーさんに会っても実感はわかなかったですし、ほんまにジャニーさんなんかなって。ここでジャニーさんがいるんじゃなくて、もっと近くにいるような感じがした。寂しいという感じよりは頑張るよ!って気持ちが大きかったかな。日々、思いだったり考えだったが変化していくもんだなって実感しながら、ジャニーさんを見送るまでの時間を過ごしましたね」と心境。家族葬についても「温かい空気だったり、時に笑いが起こることもあったりとか、ジャニーさんのとても最後のステージにふさわしいというか、あっちでもたぶんステージ作らはると思いますので、これが最後の終わりじゃないなという感じが僕はして仕方なかったですね」としみじみ語った。

 ジャニーズ事務所の絆について「ジャニーズっていうだけありまして、みんなの中にジャニーさんがいて。ジャニーたちみたいな、ジャニーズってほんまそやねんなって、あらめて実感しました。めっちゃ幸せです。僕、ジャニーズ事務所のタレントですもん!って一生自慢できますもん」と笑顔を浮かべた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ