「ショートカット」アプリで何ができるの? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ


『ショートカット』は、iOS 12とタイミングを合わせて公開されたApple純正のアプリです。かつてはWorkflowという名称のサードパーティー製有償アプリでしたが、Appleに買収されたあと名称を変更し、機能強化のうえ再公開されました。ただし、iOS 12に標準装備されていないため、App Storeから手動でダウンロードする必要があります。

ショートカットは、アプリやiOSが提供する機能を作業順に並べ指定したタイミングで実行する、自動化ツールの一種です。その一連の動作を示した設計図は「レシピ」と呼ばれ、ウィジェットに表示されたボタンをタップしたり、Siriに命令したりすることで呼び出せます。

その構成要素は「アクション」と呼ばれ、アプリやシステム(iOS)の機能を呼び出すことができます。異なるアプリ/システムのアクションを組み合わせれば、単独のアプリでは難しい処理を実現することも可能です。

たとえば、「マップ」アプリで近隣の宅配ピザ店を検索し、その番号に電話して「電話」アプリに処理をつなぎ、通話が終了したら「マップ」アプリでそのピザ店から自宅までの距離と移動時間を調べ表示する、といったショートカットを作成できます。

レシピは自分で作成するもよし、「ギャラリー」タブで公開されているものを利用するもよし。インターネットで検索すると、自作レシピを公開している人もたくさん見つかるはずです。

なにやら難しそうに感じるかもしれませんが、実際に作成してみるとアイデア次第でいろいろな処理が可能なことがわかります。条件分岐や変数の使用も可能ですから、ちょっとしたプログラミングツールとしても使えます。いちど試してみては?

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ