ダイエット中にもおすすめ!つるりと食べられるローカロ料理レシピ

Sheage

2019/7/13 09:05


暑い時期は食欲が落ちてしまうという方も多いはず。そんなときは、つるっと食べられるゼリー寄せを作ってみませんか?レシピ本『ひんやり さっぱり ゼリー寄せ』から、ひんやりと美味しく、美しい見た目にも惹かれる「彩り野菜のテリーヌ仕立て」の作り方をご紹介します。

つるりと食べられて美容にも良いゼリー寄せ


photo
出典:https://sheage.jp/article/49724

暑い夏は、食欲が落ち、料理で火を使うのも億劫になりませんか?

そんなときには、ひんやりと美味しい「ゼリー寄せ」を作ってみてはいかがでしょう。野菜がしっかり摂れるほか、固めるのに使う寒天はローカロリーで食物繊維が豊富。ゼラチンなら美容によいコラーゲンがたっぷりと、女性にとっていいことづくめです。

書籍『ひんやり さっぱり ゼリー寄せ』には、そんなゼリー寄せのレシピが、なんと47個も紹介されています。

今回は特別に、プルンとした食感が特徴のアガーを使った、「彩り野菜のテリーヌ仕立て」レシピをご紹介します。

透明感と鮮やかな色に惹かれる「彩り野菜のテリーヌ仕立て」


photo
出典:https://sheage.jp/article/49724

最近注目を浴びている食材、アガー。寒天と同じく海藻が原材料で透明度が高く、無味無臭なので食材の風味をそのまま楽しむことができるといわれています。また、しっかり固まるので弾力があり、噛み応えがあるため、満足感が高いのも特徴。

そんなアガーを使った、アスパラガスやミニトマトのテリーヌ仕立てレシピをご紹介。早速作ってみましょう。

<材料>パウンド型 8×17×7cm 1台分

カリフラワー・・・60g生ヤングコーン・・・10本グリーンアスパラガス・・・5本ミニトマト・・・15個<A>水・・・460ml白ワイン・・・大さじ1顆粒コンソメ・・・大さじ1/2アガー・・・28g塩・・・少々こしょう・・・少々

<作り方>

カリフラワーは小房に分け、グリーンアスパラガスははかまを取り除きます。そのカリフラワーとグリーンアスパラガス・生ヤングコーンを下ゆでし、ミニトマトは湯むきしてください。鍋に<A>を入れ、火にかける前によく混ぜます。中火にかけながら混ぜ続け、温まってアガーが溶けたら、火を止めて粗熱を取り、アガー液を作ります。氷水をはったバットにパウンド型を入れ、型の底から1cmほどまで(2)のアガー液を入れます。(1)のグリーンアスパラガス・生ヤングコーン・ミニトマト・カリフラワーの順に入れ、野菜を一種類入れるたびにアガー液を加え、型にすべてのアガー液を入れてください。(3)をそのまま放置し、表面が固まってきたら、ラップをして冷蔵庫で冷やし固めます。(4)をパウンド型から取り外し、1.5~2cm幅に切り、器に盛ってください。

さまざまなゼリー寄せで夏の暑さをのりきろう


photo
出典:https://sheage.jp/article/49724

本にはほかにも、香味野菜を使った山形県の郷土料理風のゼリースープや、ポテトサラダを固めた寒天寄せなど、気になるレシピがたくさん。また、ゼラチン・寒天・アガーの違いや相性の良いレシピなどもわかりやすく説明されているので、さまざまなゼリー寄せに挑戦することができます。

スープのように具だくさんで、さっぱり食べられるゼリー寄せ。本を参考に、この夏のメニューとして楽しんでみてはいかがでしょうか?

writer / 凪

photo / 株式会社誠文堂新光社

取材協力


株式会社誠文堂新光社

http://www.seibundo-shinkosha.net

当記事はSheageの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ