熊田曜子の“脱ぎ仕事”に子供が「ごめんね」? 悲痛な手紙に心配の声

まいじつ

2019/7/13 07:30

熊田曜子 
(C)まいじつ 

タレントの熊田曜子が、7月8日に自身のインスタグラムを更新。6歳の娘からもらったという手紙を公開したところ、その内容にネット上では「やっぱり…」と不安が的中したとの声が続出している。

熊田は《長女からのお手紙が泣ける》というコメントとともに、6歳の長女から手書きの手紙をもらったことを明かした。その内容とは、《まま いつもはたらかしてごめんね おてつだいするね》という、何とも〝切なさ〟が伝わるもの。3人の子どもを育てながら、現役のグラビアタレントとして仕事をこなす多忙な母を、長女はねぎらったのだろう。しかし、熊田はこの手紙を受けて、《夕食も3歳の妹と一緒にお皿を並べたり ご飯やおかずをよそったり 足りないものをキッチンへ取りに行ったり たくさんお手伝いしてくれて とっても助かったよ》と、今でも十分手伝ってくれていることに感謝し、《ママもたくさん働きます》と勇気付けられたようだ。

この投稿に、ファンからは、

《コレは涙しちゃいますね》
《子供って意外にちゃんと親のこと見てるんですね》
《こんなお手紙もらったら泣いちゃうよ》

などと共感を呼び、あらためて熊田へエールを送るコメントが多く寄せられた。

娘「ワイらを食わすためオカンは脱いでんのや(涙)」


しかし、ネット掲示板では《はたらかしてごめんね》という文言に、「熊田が〝イヤイヤ仕事をしている〟と娘は思っているのではないか」と指摘する声が。特に、グラビアで〝脱ぐ〟仕事をしている母の姿は、子どもから見たら相当ショッキングなものではないかとして、

《お母さんが、自分たち子供のために水着でウッフンしてると思ったら申し訳なく感じるかもね》
《やっぱり子供は親の色気ムンムンの画像なんて見たくないんだよ》
《いやいや、ママは恥ずかしい姿で写真撮られるお仕事が大好きなのよ》
《はたらかせてごめんねと子供に言わせる状況って何かやばくない?》
《多分ね、私だって好きで働いてるわけじゃない! (泣)とか言ってるんじゃないかと思う》

などと、娘のメンタル面を心配する声が続出した。

「熊田さんは近ごろ、自身が作った料理を夫が食べないと愚痴をこぼしたことで〝離婚危機〟が囁かれるようになりました。もしシングルマザーになった場合、熊田さんはグラビアタレントの仕事をするしかありませんし、子どもへの影響も相当なものだと考えられます。6歳といえば、公共機関のルールなどを理解し始めるなど社会性が身に付きだす年齢です。お母さんが裸同然の姿で写真をたくさん撮られていたら、何か思うことはあるでしょう」(育児コラムニスト)

〝生涯現役〟を誓う熊田だが、娘からストップ信号が発せられた際には、考えを改めるべきなのかもしれない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ