雷がジグザグに落ちるのはなぜ? チコちゃんの解説に困惑の声相次ぐ

しらべぇ

2019/7/13 06:30




12日に放送された『チコちゃんに叱られる!!』(NHK)では、「雷がジグザグなのはなぜ」というテーマが扱われた。雷の形といえばジグザグというイメージを持っている人も多いと思うが、なぜジグザグになっているのだろうか。

■「近道だから」


チコちゃんのテーマに対する回答は「近道だから」という。電気が進む性質によってジグザグに見えるようだ。

雷は、積乱雲と呼ばれる大きな雲の中で発生する。大きな雲の中で、氷の粒がぶつかり合う摩擦によって発生するようだ。原理としては静電気と同じで規模が大きくなったものである。

電気は本来空気中を進むことはできないが、雷は電気量が非常に大きいため、無理やり空気中を通るという。そこで、雷は空気中の中でも電気が通りやすい場所を選んで通る。

雷が通りやすい場所というのは、空気の窒素や酸素が薄い部分や湿度の高い部分を選んで通ると解説した。

■高性能カメラで検証も


番組では、高性能のスローカメラと高い電力を発生させる機械を使い、検証を行ったところ、実際に出力された電気は、設置された金属部分を通ったため、近道を進んでいることがわかった。

一見空気中をジグザグと動き、近道には見えないが、雷にとっては通りやすい道を選択していると解説した。

■「ジグザグが近道?」と驚き


とても近道には見えない雷の動きだが、実際には電気には動きやすい場所を通っている事実に対し、困惑の声が多く集まった。







■天気予報を確認する?


とくにゴルフや釣り、キャンプなど、屋外でのアクティビティの際には恐ろしい雷。事前に雷予報などを確認しておく人も少なくないだろう。

しらべぇ編集部が全国20~60代の男女1,365名を対象に調査したところ、全体の50.8%が「毎日テレビで天気予報をみている」と回答した。



スマホやPCでの確認が簡単にできる世の中となっているが、テレビで天気予報を見ている人はまだまだ多いようだ。通りやすい道を選んで通る雷。迷いがちな人生にも通りやすい道があるといいのだが…

・合わせて読みたい→福岡・車6台が絡む事故に衝撃走る 「雷が落ちたかと」「安心して歩けない」

(文/しらべぇ編集部・Aomi

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2016年4月22日~2016年4月25日
対象:全国20代~60代の男女1365名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ