宇垣美里が明かす“コーヒーぶちまけ事件”の真相…「民度が知れるわ」

 フリーアナウンサーの宇垣美里(28)が12日放送のフジテレビダウンタウンなう」(金曜後9・55)の人気企画「本音でハシゴ酒」に出演、局アナ時代の“コーヒーぶちまけ事件”などの真相を語った。

 今年3月にTBSを退社した後、大手芸能事務所の「オスカープロモーション」に入り、活躍の幅を広げている。宇垣は「お酒は好き」といい、ほろ酔いの勢いもあってか本音トークをさく裂させた。

 アナウンサーになったわけは「最初に受けた就職試験で合格したから」、TBSへの思い入れは「なかったですね」。フリーになった理由については「(雑誌グラビアへの登場など)自由にやらせてもらえたので外に出たらもっと面白いかな」と振り返った。

 進行役の坂上忍(52)から、局アナ時代に「コーヒーぶちまけ事件」を起こし、週刊誌ネタになったことの真相を聞かれると、「違うんです」と報道を否定した。

 宇垣によると、朝の情報番組の降板についてプロデューサーから告げられたが、「1、2週間前というギリギリのタイミング。決まっていたなら、もっと前に言うべきだし、(ギリギリまで言わなかったのは)失礼」と憤慨した。「なかなか決まらなかったから」とプロデュサーが事情を説明したが、「決まらなかったなら(降板を)もっと先延ばしすべき」と口論になったという。

 プロデューサーは宇垣のためにコーヒーを差し入れしたが、宇垣は「あなたからもらったコーヒーは飲めません」と、差し入れのコーヒーを捨てたのだといい、「ぶちまけてはいません」と証言した。プロデューサーはその間、「黙って下を向いていた」という。

 そして宇垣がキレたのは、内々の話であるこの一件が外に漏れたこと。宇垣が「私とプロデューサーしか知らない話が、どうして外に出るの?(TBSの)民度が知れるわ」と吐き捨てた。

 坂上がもう一件、宇垣の武勇伝の真相を尋ねた。「スーパーサッカー」の収録現場で、メインMCの加藤浩次(50)から「台本ばっかり見るな」と注意され、その台本を投げ捨てたというエピソードだが、「これは本当です」とあっさり認めた。宇垣が「イラっとしたんで…」と説明すると、松本人志(55)は「お前のほうがよっぽど極楽とんぼやな」とあきれていた。

当記事はスポニチアネックスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ