ジャニーズWEST重岡大毅、明るい役にプレッシャー「普段はそんなに…」


アイドルグループ・ジャニーズWESTの重岡大毅が12日、東京・渋谷のNHKで行われた同局のドラマ10『これは経費で落ちません!』(7月26日スタート、毎週金曜22:00~)の会見に、主演の多部未華子、共演の吹越満とともに出席した。

同作は、多部演じる恋に奥手な経理女子・森若沙名子を主人公に、領収書や請求書を通して経費に関わった人々の怪しい事実や、悩める人生をコミカルに描くオフィスドラマ。重岡は、奥手なヒロイン・森若にアタックする、笑顔がまぶしい好青年・山田太陽を演じる。

重岡は「最初に“山田太陽”と聞いて、絶対明るい役。スーパー笑顔が素敵な、みたいなことを言われて、日々プレッシャーを感じながら演じている」と打ち明け、「しゃべりーな感じですけど、普段は全然社交性ないですし、1人のことが多い。明るい役をやらせてもらうことが多いんですが、根暗じゃないですけど、そんなに明るいわけではないので」とイメージとのギャップを語った。

また、森若に猛アタックする山田について、「あんなアプローチできないですしね。シャッターをガーンって閉められたら…。なかなか山田太陽すごいと思いますよ。はっきりノーですやん。なので、すごいなと思いながら演じています」と話し、山田との共通点を聞かれると「自分で言うのもあれですけど、頑張り屋さんなところですかね」と答えた。

そして、ドラマの魅力について「派手じゃないところが魅力の一つ。すっげーリアルというか。ああいう経理の話は実際あると思うし、会社で働いている方とかが、職場に行って『こんなシーンあったな』みたいなこともあると思いますし、リアルなところがいいのかな。あと、数字の中に隠されているところが紐解かれていくのが気持ちいい」と語り、「森若さんと山田太陽がええ感じのシーンも、ええ感じにやっていけたらと思います」とアピールした。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ