マツコ&有吉、収録中の謎の振動音に一時騒然「誰かやめてよ~」

画像は「マツコ&有吉 かりそめ天国」番組ページより

 

710日放送の『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)では、マツコ・デラックス有吉弘行に、トーク中に振動音が鳴るというハプニングが起こり、2人らしい解釈でこの奇妙な出来事を笑いにつなげた。

 

有吉弘行、虫の習性に愛のある説教

 

マツコとトーク中、有吉が「なんかずっとシコシコシコシコ……。誰かシコシコしてる」と耳を澄ませると、どこからか「ブブブブ」と振動音が鳴っていることにみんなも気付く。

 

なんとこの振動音は、みんなが黙ると止まり、有吉が話し始めると鳴りだすという奇妙な現象を起こしていた。これに有吉は「虫でも入ってるのかな?」と照明の方を見上げるが、マツコの方はニヤニヤしながら「ちょっと何?も~。今頃なんかアレじゃない?どっかでもうドキドキしながら興奮してんじゃない?これ」とスタッフらを見まわし笑わせた。

 

そしてニヤつきながら「誰かやめてよ~そういう事を収録中にするの」と面白がっていると、有吉が「俺ら捕まえても(警察に)突き出さないな」と受け入れる。これにマツコも「むしろ私たちはそういう人たちの気持ちは理解してる方だから」と言い、上の方に向かって「だからもう恥ずかしがることないよ!」と大きく呼びかけ爆笑を起こした。

 

しかしトークを再開しておよそ1分後、またも「ジジジジ」と振動音が鳴りスタジオは騒然。有吉が「何だろうね、虫かな?」と再び見上げると、今度はマツコも「でも虫だとしたらこんなとこ迷い込んでね~可哀想にね。一番迷い込みたくないわよ」と同情し、有吉も「可哀想にね」と共感。しかし「いつまで騙されるんだろうね、虫もこういうライトに」と虫の習性に呆れる有吉。

 

「いい加減にしないとさ、進化しないのかよ!何億匹このライトに殺された?もう親の敵(かたき)みたいなもんだろ?ここ近づくなよもう!」と昆虫に向かって愛のある説教を展開。

 

これにマツコが「あ!敵討ちに来ちゃってやられてるんじゃない?」と思いつくと、有吉は残念そうな顔で「バカだな~もう諦めろじゃあ」と虫にまでダメ出しをし爆笑となった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

もっとよむ

注目ニュース

もっとよむ

あなたにおすすめ